GTR整備

2017年04月09日 20:10

GWにはもしかして愚息とのツーリングをするかもしれないということになり、いろいろ調べているとここ4年間くらいオイル交換とブレーキパッド交換、プラグ交換くらいしかやっていないことが判明、急遽RBに持ち込むことに。

そして今回は個別にいろいろ交換することとなった。
内容は以下通りである。
・クラッチフルード
・クーラント
・ファイナルギヤオイル
・エアクリーナー

20170409195659999.jpg

何しろ95年生のご老体ゆえにいろいろ気を使いながら乗っていかないと行けないのである。

44121マイルのこと。
スポンサーサイト

愚息のGTRオイル交換(ムカッ!)

2017年02月18日 20:45

先週に続いて今週は愚息のGTRのオイル交換である。
オドメーターは44012マイルと、前回ちょうど1年前からの距離は2200kmとこれまた少ない。

いつものようにRBに持ち込んでの交換となる。
20170218203955999.jpg

新しいオイルの交換ですこぶるなめらかな回転となり、上々の気分で家路に着く。
2017021820400074c.jpg


ちなみにオイル交換の履歴は以下の通り。

2017/02/18 44012マイル

2016/02/07 42619マイル

2015/04/29 41367マイル

2014/09/02 38497マイル

2014/02/22 37431マイル

2013/08/17 34698マイル

2013/04/05 32883マイル

2012/08/17 30403マイル

2012/07/08 27191マイル

2012/03/25 25353マイル

2012/03/05 22935マイル

2012/02/19 21271マイル

2011/10/09 19640マイル

2010/12/23 18335マイル

2010/07/18 16547マイル

GTRで酒蔵へ

2016年12月12日 10:57

今日10日と翌日の11日は今年で最も寒い日になりそうとのこと。
黒アドベンで群馬辺りまで温泉をと考えていたが、それどころではなさそうである。

ならばということで、久々にGTRでちょっと走ったところにある酒蔵まで年末までの晩酌用の買い出しである。
20161211212941852.jpeg

インラインフォーのキャブ車だが、暖機が進めばあっと言う間に異次元のスピードに乗せてくれるのが頼もしい。

ところで普通のボストンバックでは日本酒三升はとっても積みづらいということが改めて分かった今日この頃である。

GTRバッテリー交換

2016年08月10日 11:43

ここ1カ月くらいバッテリーが逝って、鉄の塊と化していたGTR、こりゃ愚息に任しておいたのではどうにもならん、ということで親バカの登場である。

RBとかにバッテリー交換を依頼したりすると2.5諭吉以上飛んでいくということなので、オリエンタルバッテリーなる国内のメーカー(国内生産ではない?)をネットで探し出し注文。
送料、消費税込みで5500円と小生向きである。

早速作業にかかり、開放式の6つのセルのキャップを開け電解液を流し込む。
この時、LOWERとUPPERの各レベルの間に収まるように注入するのだが、写真のごとくどこのラインまで入っているのかよくわからない。
バッテリーを斜めにしながら液面を確かめながらの作業となったが、それでもはっきり液面が見えないため、最後は「こんな
もんじゃろ」ということで手を打った。
20160809210650b6e.jpeg

バッテリーは1時間程度放置していれば勝手に自己充電するということなので、続いて、古いバッテリーを取り外す。
素人なので、ショートすると嫌なので、まずは車体の金属部分等を新聞で覆う。
20160809210652783.jpeg

ここから古いバッテリーの取り外しであるが-→+→+→-の掟に従い、特に問題なく取り外し完了である。
20160809210654131.jpeg

そろそろ自己充電も終わっただろうということで、新しいバッテリーを取り付ける。
我ながらすんなりと作業は進み、交換終了である。
20160809210654bf0.jpeg

終われば試走ということで、キーを回し、エンジンをかけると、クスッともぐずることなく1回で点火し、"グォン!!"とあの野太い、野生の雄叫びが静かな住宅街にこだまする。絶対に迷惑である。

その後近くのバイパスを30km程度流し、悦に入る。

「やっぱGTRの高速クルージングはええわ~」ということで一件落着である。


GTRフロントフェンダー補修

2016年05月01日 21:48

ガレージの中で黒アドベンのセンタースタンドをかける時に接触したのか、GTRのフロントフェンダーがパックリと割れてしまっている。
このままじゃ傷は広がるばかりなので、ひとまず修理することに。
2016050121412223e.jpeg

フロントフェンダーを取り外して本格的に修理しようとしたものの、太いボルトでガッツリ固定されており、しかもタイヤを外さないとボルトを緩めることができない仕組みとなっており、フェンダー付けたままの応急処置となる。

瞬間接着剤でなんとか固着できたものの、そこは素人、接着剤が周りにこびり付きちょっと悲惨な状態となる。
これだったら補修しなかった方が良かったかもと悔しさがややにじむ。
2016050121412441f.jpeg


最新記事