LCキャンパー化計画

2017年09月05日 11:59

LC購入を決めたのが2014年の9月、納車されたのは翌年の7月、その時から決めていたルーフラックとルーフトップテントの取り付け。

ルーフラックは昨年夏に取り付けたものの、ルーフテントについてはずっと思案の状態が続いていた。

というのも、ルーフテントは
・そもそも国内にはほとんど売っていない
・ジファージャパンが輸入しているが、40万円くらいからとめちゃくちゃ高い
・重量も50kg超と取ったり外したりどころか、取り付けさえもたいへん
・海外にはいろいろな種類があるが、梱包重量が80kgくらいあり、個人輸入ではオーバーサイズ
等からである。

ところが昨年海外の4WD関係のサイトだったかを見ていると、ヤキマなる会社が軽くて、コストパフォーマンスの良い($1000以下)ルーフテントを2017年に販売するという情報を掴んだのである。

しかも、国内の某地方の会社がヤキマ社の代理店として商品を取り扱っているということまで分かり、国内で販売されるのをずっと待っていた次第である。

いろいろ紆余曲折はあったが、その会社からそのテントを購入し、やっと手元に届いたので3日の日曜日に取り付けに至ったのである。

北海道ツアー前ギリギリのタイミングである。

まずは内容、部品の確認である。
何しろ国内ではハードシェルのルーフテントは見たことはあるが、ソフトシェルのはほとんど見たことがないので、初見の部品とかも多い。
20170904200534f78.jpg

次にルーフラックに取り付けるためのマウントブラケットとかを取り付ける。
そして試し張り、軽いといっても43kgあり、一人で作業すると大変である。
20170904200531754.jpg

いよいよルーフに上げることになるが、疲れたので昼寝をしてその後の作業である。
中のマットレス、ラダー、レインフライとか外せる物を全て取り外し、最も軽い状態にしてから相方と一緒に持ち上げる。
それでも35kgくらいはあり、2m近いルーフに上げるのは重労働である。
それでも何とか取り付けられ、ラダーとかも取り付けて完成である。
"よっしゃー!!"である。
20170904200534859.jpg

これが収納した状態。
心配した高さも思ったほどにはなく、ガレージの入口の高さ内なのでOKである。
20170904200535435.jpg

でも問題がないわけではない。
開く時はそうでもないが、たたんで収納する時、特にこの黒いカバーをかける時、たとえ脚立の上に立っていたとしても2mをはるかに超える所で、しかも自分の腕よりも奥にあるカバーを力強く引っ張ったりするのは無理である。

なので、今後はルーフの上に立って作業することを考えないといけないが、ルーフの上に立つには更に高い脚立とかが必要で、そう簡単ではないのである。

ただし、当初の計画が無事に果たせて何よりである。

スポンサーサイト

試し張り

2017年08月28日 11:23

この日曜日(8月27日)、来月に予定しているLCでの北海道ツアーで、LCとタープを組み合わせての場面を想定し、試し張りを行ってみた。

午前9時前、自宅から少し走ったところにある芝生の公園にLCを持ち込み、駐車場と芝生のギリギリのところに停車させる。
朝早いからかほとんど誰も居ないので気兼ねなく出来そうである。
ちなみに空はと見ると、イワシ雲なのかうろこ雲なのかよく分からないが、夏ではなく秋の空である。
006_convert_20170827192334.jpg

もう20年以上使っているタープ(2.2m x 3.0m)の短辺をルーフラックにビニールヒモで括りつけ、もう一方の端をポールでピンと張ってでき上がりである。
我ながら想定以上にきれいに張れて満足である。
007_convert_20170827192422.jpg
ただし、これは"標準型"で、大雨の時には中央部分に水溜りができて、役目を果たすまい。

なので、雨の時にはポールの片方を3分の2のところまで短く継いで片流れにする。
これで水溜りは出来ず何とか凌げそうである。
011_convert_20170827192453.jpg

LC初車検

2017年05月14日 20:53

わがLC、2015年6月購入以来約2年が経過し、貨物車登録ゆえに今6月で初めての車検を迎えることとなった。
ケチな小生のことユーザー車検で済ませようとも考えたが、ディーラーでの車検の内容や費用水準を見極める意味も含めて今回はディーラーに依頼することとした。

普通乗用車にないだけに費用とか予想できず、小心者の小生としてはビクビクしながらの見積もりとかとなったが、結論的にはそうした不安は杞憂となった。

今後1年おきに車検が来るということなのか、それとも貨物という仕事に使う運搬手段なので高い費用はかけられないということなのか、乗用車よりもいろいろな面で費用が抑えられている印象である。

当初想定費用は、
・法定費用(12300+23970+1800=38070は所与)
・継続検査費用
・車検代行費用
・定期点検費用
それに
・ブレーキ分解清掃
・LLC交換
さらに
・エンジンオイル
・ミッションオイル
・デフオイル
・トランスファーオイル交換
等と、当方が予想だにしないものが出てきたりして12~13諭吉くらいかかるのではと予想していたが、結果的には8諭吉強で終わりそうである。

LLCについては、環境保護の観点から性能が上がっており、7年が交換の目安となっている。
また、ミッションやデフオイル等も同じような理由からメーカー推奨は5万キロ、超保守的に交換するとしても最低でも2万キロくらい走った後ということとなり、今回の総走行距離8600キロでは全くの対象外となった。

想定外の項目としては、バッテリーのターミナルメンテとフロントワイパーのラバー交換で、この2つ合わせても4000円程度である。

このくらいの内容、費用であれば、わざわざ平日半ドンの休みを取ってユーザー車検を受ける意味も少なく、毎年ディーラー車検でやるべきだと思ったりするのである。

オドメーター8582km

---------------------------------------------
※特記※
それと今回、空いていそうだったので、何となく気になるLCプラドのディーゼルに試乗した。
2年前にもデビュー間もないプラドディーゼルに試乗したが、その後2年間わがLCに乗った後の印象を掴みたかったのである。

で試乗後の印象は
・思いの他トルク感がなく、ATとMTの差と言うのもあろうが明らかにLC70の方がトルク感がある。(こんなので急坂とか登れるのかと心配になったりする)
・発進ももたつき感があり、エンジン音の割には車体は前に進んでいない。
・昔に比べれば静かになったとはいえ、ディーゼル特有のカラカラ音が常にする。
・プラドも視線が高く運転しやすいが、LC70の方が更に視線は高く運転が楽である。
・ただし、乗り心地という点では電子制御されたプラドの方に軍配が上がる。
というものとなった。

もしもの時はプラドディーゼルもありかと思っていたが、今回の試乗で我がLC70の良さが再確認できた。

LC燃費

2017年04月18日 14:31

先般3月の3連休での能登富山ツアー後初めて給油したので、ツアー中の1回も含めて計2回分の給油記録である。

今回の燃費は
1333.8kmを
156.24Lで走ったので
8.54km/Lとなった。
生涯燃費も8.25km/Lから8.29km/Lとわずかに改善した.。

千里浜なぎさドライブウェイを四駆でガンガン何往復もしたものの、ツアー中のほとんどが郊外の国道と高速ということもあって燃費は伸びた。
ただし、帰路は燃費改善を狙って省エネ運転に心がけたが、思うほど(9km/L代)には伸びなかった。残念。

これでしばらくは足を延ばす予定もないので、LCはガレージの中で箱入り娘状態となる。

LC燃費

2017年02月26日 19:44

で、これまたほとんど遠乗りに行っていない我がLC、2月分のガソリン割り引きの権利がなくなりそうなので、できる限り給油をすることに。

で今回の燃費は
261.3kmを
41.4Lで走って
6.31km/Lとワースト2の結果となった。
ちなみに生涯燃費は8.25km/Lである。

ほとんど遠出をせず、しかもほぼ3ヶ月間で近所だけを260km走っただけなのでこんなものである、というか近所だけを走った割に6km/Lをキープしているのはむしろ優秀である。

ところで、LC70はパートタイム四駆のため、普段の生活では前輪のトランスミッションが駆動することはほぼない。
なので1ヶ月に1度くらいは四駆走行をして前輪のトランスミッションにオイル等が回るようにせよとお達しがある。

ということで、給油のついでにちょっと走ったところにある1kmもないダートを見つけて四駆走行と前進、後退を何度かしてやる。
201702261939032da.jpg

待ってろよLC、3月になったら嫌っていうほど走ってやるからなぁ~・・・。


最新記事