どうも気になるシャッターのすき間

2017年04月02日 22:14

ガレージのある生活ももう少しで2年となりつつあるが、最近特に気になりだしたのが、シャッター下の微妙なすき間である。

そもそもコンクリートを職人さんが塗り付けていくが、完全な平は難しそうで、どうしても部分部分では微妙なへこみ、盛りができてしまう。

シャッター内側から見ると、最大で5mm強くらいのすき間ができている。

気にならないっちゃ気にならないんだけれど、小さな砂ぼこりが入り、いつの間にか薄らと堆積していたりするので嫌なのである。
201704022210043d7.jpg

そこでいろいろ案じて本格的なゴム板を張り付けようとしていたが、値段も万単位の物もあり悩んでいた。
そうこうして、昨日ホムセンでこんな物を発見。
スポンジのようにボロボロにならないとあり、価格も398円と小生好みである。
20170402221006557.jpg

早速購入し、物を見てみるとゴムとスポンジの間くらいで、ゴムよりも弾力がある。
素人作業で取り付けてみると、すき間はほぼなくなり、ガレージ内は真っ暗となった。
20170402221004045.jpg

小生としてはこれで十分であり、しばらく様子を見ることとした。
スポンサーサイト

パズル

2016年12月19日 12:17

ここ最近は寒いのでこんなことばっかりしているが、土曜日もガレージの中をいろいろ動かしてみる。

先週黒アドベンとGTRを互い違いにしてスペースの余裕を出させたが、よくよく考えるとまだまだ良い方法があるのでは、パズルのようにいろいろ動かしてみるのである。

その結果、互い違いは互い違いとして、黒アドベンを後ろの向かって右側に、GTRを手前の向かって左側に配置する。
そして多少ずらすのではなく、黒アドベンが邪魔されることなく前に出せるようにしっかりずらすのでである。
これならば、GTR、黒アドベンとも独立して出し入れができるのである。
201612191204041f0.jpg
我ながら良い案である。

だが、愚息のモンキーは最奥の黒アドベンとGTRに塞がれた形でこんな感じになてしまいちょっとかわいそうである。
20161219120406079.jpg

そんなこんなでこの日も過ぎていくのである。

ガレージ模様替え

2016年12月12日 11:04

ガレージ生活も1年半が過ぎようとしているが、どうしても気になっているのが、黒アドベンとGTRが完全な縦列にしか停められないということである。

そのため前にあるGTRがシャッターギリギリのところまではみ出し、ガレージの入口が狭く出入りしづらいのである。
その原因は、スチールラックがガレージ全体の幅を狭くしていること、更に乗りもしない愚息のスポーツサイクルが入口を塞いでいることである。

変更前
20161211212943b60.jpeg

ということで、ここは冬場の暇つぶしとしてガレージ模様替えの敢行である。

まずは不要な物を大小問わず捨てる。使わなくなったレインウェアとか、空き缶とか、得体の知れない部品とかいろいろである。
次に、木製の大きな棚に押し込んでいる雑誌を整理し、必要なものだけを使われていない娘の部屋に移す。あとは捨てる。
これらにより、スチールラックを3つから2つに減らす。
これらのスチールラック、木製棚をガレージの縦方向の動きの邪魔にならないように配置する。

更に、スポーツサイクルをLCの後ろギリギリに停めるようにガレージ最奥部に追いやる。

変更後
201612112129450a6.jpeg

結果、黒アドベンとGTRが、完全2列は無理なものの2列の線上に置け、そのすき間にモンキー2台を入れ込めるので、いろいろな動きに対応できるのである。


ちなみに寸法測り間違いにより、スポーツサイクルとLCの背タイヤは本の少しではあるが干渉しているのである、ショック・・・。

庭をもっと使いやすく

2016年12月04日 20:26

愚息のボロバイクFTRが庭への通路を防ぎ、ゴミ捨てにも、庭いじりにも動線が悪い我が家。

ここはやはり庭の一部をコンクリートか何かで敷きつめて、そこにFTRを駐輪するようにして、庭や家の裏へのアクセスを改善することに。

ここはDIYでやる場合はどんなことになるか、ちょっと離れた所にあるホムセンにまずは材料等の下見である。

まずは敷き詰めるコンクリートの平板。60cmx45cmx6cmのもの。
20161204202043459.jpeg

お値段はこんな感じでそんなに高くはない。
201612042020483a7.jpeg
ただし、1枚37kgもあり、持ち上げてみたが、ズリっとも動かすことができない。
これを単純計算では23枚も庭に敷き詰めなければならず「ちょっと無理じぇね~」である。

そこで大きい平板ではなく、レンガだと運びやすいし、微調整がきくのできれいに作りやすいとのこと。
20161204202045d66.jpeg
ただし、これも50個/㎡も必要となるのでやろうとしている6㎡では300個も必要になる。
しかも平板に比べ大幅お値段アップで、ケチな小生としては「ム、ム、ム、、、、」って感じである。

次に平板やレンガを敷き詰める前に下地をしっかり作る必要があるらしいが、それのもととなる砕石。
一袋199円と小生向きであるが、これは更にすごいことに。

厚さ10cmくらい敷き詰める必要があるらしく、その為には㎡あたり10袋、6㎡では60袋必要とのこと。
重さにして20kgx60袋なので、1.2トンである。「無理無理、絶対無理ぃ~~」である。
この時点で相当にあきらめムード漂うである。
20161204202044d77.jpeg

おまけにこの川砂が18袋必要とも言われ、
「もうええっちゅうのに~・・・」である。
201612042020493ac.jpeg

帰って計算すると予算的には5諭吉くらいで済みそうであるが、材料の重さは全部で2.4トンにも達し、積載量500kgを誇るLCでも5往復もしなければならす゜、まず不可能なボリュームということがわかった。

ということで、ひとまず外構の業者に頼むとどんな感じか問い合わせることとなったのである。

やっぱり外構ってむつかしいね、、、、。

すし詰めガレージ

2015年07月22日 07:31

ガレージもいよいよ本格整理し、黒アドベン、GTR、LC、モンキーなどを全車格納してみる。

まずは、黒アドベンを奥に入れ、その前側にGTRを止める。
この状態では、両車の間にほとんど隙間はなく(というか写真の状態では黒アドベンのくちばしとGTRのテールライトはかすかに当たっていたりする)、また、シャッターとGTR前部との隙間も余裕はない。

201507220727019da.jpg

最悪なのは、LCをバックで格納するのに、極めて慎重な運転を強いられるのである。
更に悪い事に、LCに乗り込む時に歩くスペースがないため、GTRを跨いで乗り越えてドアを開けなければならず難儀である。
20150721102557303.jpg

ただ、どのマシンも土日に出す程度であり、使う頻度からすると不便というほどでもない。
まあもう少し具合を見て余裕をもって動かせるように対策を打たねばなるまい。


最新記事