涸れ沢に完敗

2016年08月06日 21:14

週の前半雨模様だったので、4日の木曜日は久々に有休にして釣りに行って来た。

ところが、上流部には雨は降らなかったようで、前回6月25日に比べるとちょろちょろの涸れ沢状態である。
涸れ沢にドバミミズでは釣果は期待できない。

いつもなら2〜3匹は上がるこのナメ下の落ち込みも釣れず
20160806210426e5c.jpeg

大物の上がるこの6m大滝でもアタリさえない。
20160806210400020.jpeg

仕方ないので今シーズンの宿題でもある6m大滝の上の滝と、更にその上の滝で釣るべく大滝の高巻きを試みる。
15年以上前に巻いたことはあるが、ちょっとした恐怖を感じたのでそれ以来トライしていない。
そのためにはまずこの左岸を巻く必要がある。
20160806210400b93.jpeg

たしか残置ハーケンがあったはずだがと、よく見るとちゃんと残っている。
201608062104025c4.jpeg
しかし、左肩を痛めている現体調では、何度も懸垂を繰り返すのは無理だし、そもそも大変危険である。
ここが単独釣行の限界である。
「岩魚のために死ぬな!」なのであっさりあきらめる。


続いて今期のもう一つの課題である本流上流で差し込む支流の探釣である。
まずは魚止めの滝を高巻くが、右岸の岩場に取り付き木の枝を掴みながら奥に慎重に、少しずつ進んでいく。
2016080621040275f.jpeg

上に上がるとナメ滝が連続し、実に壮観で見事である。
ただ、上がった瞬間に思い出したが、ここも10年以上前に探釣に入ったことがあり初めてではなかったのである。
201608062104064cb.jpeg

その時も釣れなかったが、今回もどの滝に竿を出そうとも全くアタリはない。
そもそもナメ滝は小石がないので、岩魚は住み着きづらいのである。
201608062104307ae.jpeg
ということで最初の魚止めの滝が、本当の魚止めの滝というのが小生の結論である。
おそらく一生この魚止めの滝を超えることはないだあろう。

ということで釣れないので納竿である。
ちなみに、当然にリリースしたが、10cmくらいの子岩魚を釣ったので形式上は坊主ではない。

それでは帰るとするか。
帰路登山道で、クマの痕跡ではないかと思われる物をいくつか見つけた。
まずは木の実の食べ跡。
201608062104273f5.jpeg

次は草地に大きい動物が寝そべった跡である。
20160806210427ea1.jpeg


釣果無し、登山道を2時間以上もトボトボと歩き、疲れ果てた状態で駐車場に何とか辿り着く。
黒アドベンを見ると本当にホッとしたのである。
2016080621042802a.jpeg
やはり8月は釣りにならない、5月から7月がシーズンで、ベストは梅雨期ということになる。

本日走行400km弱
スポンサーサイト

釣れるに決まっている

2016年06月26日 16:27

本日6月25日は、1ヶ月前から釣りと決めていた。
前回の釣りとの間隔、調子の今一つの肩も癒されつつあり、この日は何があっても釣りに行くことにしていた。

ところが天気予報は前線が通過し大雨と言っており、土砂降りでは釣りにならないと不安に思っていた。

でも、天気は行ってみないとわからないので、小雨の中、久々にGolfを飛ばし釣り場に向かう。
真夜中の1時半起床の、2時過ぎに自宅を出発である。

が、予報よりも前線は早く通り過ぎ朝方には小雨くらいになりそうである。

これは絶好のチャンスである。
雨後の増水で岩魚の活性は高くなり、おまけに雨後の濁りに強いミミズ、しかも大きめの太ミミズをたんまり持っているからである。
これはいけるのでないか・・・。

釣り場近くの駐車場には午前4時半過ぎに到着し、着替えて、釣り道具、エサ、食料、それに今回は何かとクマが山の麓に降りてきているというので工事用のヘルメットに、大型のナイフも持参することとした。

で、午前5時半、かすかに小雨のある中出発である。
201606261618568c8.jpeg

いつものように線路を渡り、本流脇の登山道に取り付く。
当然に増水しており、濁っている、心の中では「しめた!!」と叫んでいたが。
20160626161850f46.jpeg

1時間とちょっとで避難小屋に到着、体力温存のためゆっくり歩いているので少し時間がかかっている。
201606261618520ff.jpeg

小屋を出てしばらくすると本流に出会う。ここら辺の渓相も10年前くらいの豪雨でずいぶん変わり、深い大きな落ち込みはなくなってしまった。
2016062616185377b.jpeg

いつも通り尾根上に上がって行く登山道の、この腰掛け石のところで右に樹林帯の中に入っていく。
201606271204580f7.jpeg

ちなみに尾根道に続く登山道はこちらである。
201606270823192e0.jpeg

そして、10分弱踏み跡を辿って行くとおむすび岩に出くわす。
いつの間にかおむすび岩には大きなブナの木が折れて覆い被さっている。
自然は容赦しないのである。
2016062616195000d.jpeg

おむすび岩のところを右に折れて下れば、釣り場の本流に再会できる、、、が、?、?
が、人である、こんなところにテントである。どうもさっきかすかに焚火のにおいがしたと思ったのである。
ショックである、今日はもう釣りにならないのである。
どこかの釣り師が、昨夜の豪雨の中、この隠し沢を先行するために野営しているのである。

でもここまで車で2時間半、更に歩いて2時間半の苦労をして、何もしないで帰るわけにはいかない。

ということでイチかバチか、釣りか、それとも沢登りかと野営者達に聞いてみた。
すると「キャンプしているだけ、釣りなら気にせずにどうぞやってください」と、小生より多少年上の御仁の拍子抜けするような、また夢のような返答である。
20160626161952d33.jpeg

これはありがたい、ではありがたく釣らせていただきます。
ということで、ここからは釣りに夢中なので、写真は途切れ途切れとなる。


本流に入ってしばらくはアタリらしいものはない。

この好条件で釣れないはずはなく、ひょっとしてさっきの野営者達に先に竿を出されたのかもと不安がよぎる。

それからしばらく遡行して、ナメ下の幅広い落ち込みの箇所、好ポイントが多くいつも2〜3尾は出るところに辿りつく。

落ち込みの中央部にエサのミミズを流すとフッと目印が止まり、合わせると黄色い腹をした良型の居付き岩魚が顔を出す。
まずは坊主を免れ一安心である。

続いて落ち込みの左手の方にエサを打つとツンとしたアタリ、が、合わせが早過ぎ、岩魚は水面から体半分出したところでエサのミミズをゲホッと吐くようにして逃げていった。大き目だった、ちくしょうである。
たぶんもう釣れないが、もう一度同じところにエサを流す。
すると、スーッとエサは不自然に右に流れる。今度は失敗しないように一呼吸置いてグッと竿を引き合わせると強い引きと共に岩魚が姿を現し、タモに納まり2尾目ゲットである。
ところがこの岩魚、直前にエサを吐いて逃げたさっきの岩魚で、口の中にすでにミミズをくわえていたのである。
バラした岩魚をもう一度釣ったということである。
それだけ今日はエサを追っているということであり、いい兆候である。
サイズは9寸といったところ。

その後、一段上がっていつもは絶対に釣れない狭い滝でも8寸が釣れ、ここまでで3尾をゲットする。

続いて下の写真の4m滝に挑む。
良形が必ず顔を出すところであり、慎重に攻めたいところである。
滝下の大きな流れの向かって左側の淀みにエサを打つ。
直ぐにアタリがあって、8~9寸くらい良形が上がる。4尾目ゲットである。

普通なら1尾釣れると他のイワナは岩陰に隠れるため2尾目は中々来ないが、2匹目のドジョウもということで、直ぐにエサを付け替えもう一度竿を出す。
ちょっと間があって目印がグッと右に、しかも流に逆流するような感じで大きく動く。
エサは太ミミズで大きいため早合わせすると針が刺さらないので1、2、3と頭の中で数えて一気に竿を立て合わせる。
グウッと強い引きとともに竿がしなる。手ごたえが違う、大物である。
20160626161948d19.jpeg
普段なら緊張して一気に引き抜くところであるが、ここは慎重にしばらく水面を泳がして体力を消耗させてから取り込む。どう見ても大きく尺岩魚ゲットである。
釣り上げたもののこの尺岩魚、大き過ぎて持ち帰っても料理しづらく(魚焼き器に入らない)リリースしようとしたが、針が喉の奥までかかり死にそうなのでキープした。(遅合わせ過ぎたということか。)
5尾目ゲット。

この時わかったが、尺上クラスのアタリはツンツンとした弾けるようなアタリではなく、エサを一気に引き込むのでグーっと目印が大きく動くアタリであるということである。
20160626161949ab4.jpeg

ここらで空模様が怪しくなり、さっきまで晴れていたのに見上げると山々は雲でほとんど見えなくなり、おまけに小雨もパラつき出した。
これだけ釣れれば、夕飯には十分であり、天候悪化となると渡渉できなったりするので、途中はパスして上の6m2段大滝まで一気に上がることにする。
大きな滝を前にして、エサを付け替え、大滝下の流れの左側の淀みに竿を打つ、が、アタリはない。
それを2~3回繰り返した後、今度は打つ場所を変え大滝真下の強い流れの左脇にエサを落とす。
強い流れに押されて目印は下流に一気に2~3m流れてくるが、突然流れとは逆方向に、すなわち大滝側に向かって動き出す。
アタリであるが、エサをしっかり食わすため一瞬待って一気に竿を立てる。
ググーと竿は大きくしなり、最初は根がかりしたか思うくらいびくともしなかった。これは大物の感触である。両手でないと竿がコントロールできない程の強い引きである。
多少泳がして取り込もうとするが、道糸が長目であったこともあって竿を目一杯立てても中々岩魚の姿が現れず潜ったままである。
しばらくして、竿を持っている右腕を目一杯上げてやっと水面に岩魚の姿が現れる。岸に置いていたタモをとっさに取って左手で焦りながら取り込みにかかる。「頼む入ってくれ~・・・」と祈りながら・・・。
緊張の取り込み作業の時間が少しあり、何とか納まったが、タモには身体半分くらいしか入っていない。
2016062616194743a.jpeg
測ると37cm、尺2寸強、小生史上過去最大記録である。
胴体の太さはざっと小生の腕回りくらいあり、片手で掴むのは無理である。
下あごは上に大きくそり上がり、上アゴは2つに割れている威風堂々の立派なオスである。
小生のようなヘボ釣り師が殺して持ち帰れないような、一種の貫録、威圧感があり、即リリースと決めた。

ちなみに過去最大は、おそらく1997年6月同じくこの川の4m滝近辺で上げた35.5cmの奴である。
その当時の写真。
201606280831392d9.jpeg

ところが、ここでまたアクシデントである。
iphoneのスイッチを間違えたか、カメラが起動せず写真が撮れないのである。
小生史上最大の釣果を写真に撮れないなんて、そんなことがあっていいのか・・・・。
こんな大物、子孫繁栄のためにも間違いなくリリースであるが、写真に収めないことには気がすまない。
しかし、このままいけばいたずらに時間が経つばかりで、岸の岩場でバタバタ跳ね回る大岩魚の元気はどんどん失われていくのである。でもiphoneはどうやっても立ち上がらない。
万事休す、写真は撮れずじまいのまま、泣く泣くリリースである。
痛恨の極みである。

リリースしようと水中に運んで水に慣らすが、大岩魚は体力が相当に落ちているのか泳ごうとはせず、しばらく小生の両手の中で休んでいる。
口を開け呼吸ができるようにして、水流を流し込んでやるとやっと尾びれとかが動き出す。
しばらくそういう状態が続いて、すっと両手を放すとしばらくそこに留まっていたが、10秒くらいしてゆっくりと流れの中に消えていった。
写真には撮れなかったが、なんとなく晴れやかな気持ちでもある。あのままiphoneにかまっていれば間違いなく、あの大岩魚は死んでおり、そちらの方がもっと悔いが残ったであろう。


その後、釣り師魂もあり、何度か同じ大滝を探るがアタリはなく、一旦納竿である。

ここからは沢を下ることになる。

名残りを惜しむように4m滝の上から竿を出すが、滝下に隠れてしまったのであろうアタリは一切ない。
20160627063054918.jpeg
ここで本日の本当の納竿である。

ということで本日の釣果、尺一寸を筆頭に9寸クラスが3尾、8寸が1尾である。
そして幻の37cmが1尾である。
20160626162042c88.jpeg

さぁ帰ろう。
今年の釣りの課題でもある本流に差し込む支流を覗いて闘志を湧き立たせる。
20160626162041a23.jpeg

下っていくと先ほどのキャンパー達である。
何か料理をしているようである。こんな沢の奥の奥でキャンプだけのために来るとは相当な○○である。
201606261620443aa.jpeg

ついでに野営地も覗かせもらう。
狭いテン場に、ここまで展開させるとは。
聞けば、何回かここに幕営しており、以前も何回か見つけた焚火跡は彼らの痕跡であったとのことである。
20160626162040f1d.jpeg

その後2時間強歩き、2時間ちょっと高速を走って午後5時前帰宅。
帰宅後、再計測であるが、
・37cmが1尾(リリース)
・31.5cmが1尾
・26〜27cmが3尾
・23cmが1尾
であった。
20160626162039b27.jpeg

今回の釣行、雨後の増水、薄濁り、太ミミズと好条件が揃い、小生史上最高の結果となった。
今後もこういう条件の時には、無理をしてでも行かなければならないということである。

久々の満足の釣行であった。

初夏は釣ーリング2日目

2016年05月29日 06:39

釣り2日目。

黒アドベンは走らせ、谷沿いの林道を奥の奥まで進んでいく。
しかし、林道から谷底までは優に40mくらいあり、しかも絶壁なので釣りは無理である。
201605282017231a7.jpeg

仕方ないので、少し下流まで降り堰堤とかを攻めるが、前日は土曜日なので誰かが竿を出したのかほとんどアタリはない。
唯一25cmクラスが食い付いたが、針がかりが甘くバラしてしまった。
201605282017240c1.jpeg

その後痛めている肩が痛くなり、これ以上無理はできないと思いぼちぼち帰宅することとした。

晴天、木漏れ日の森を抜けて行く。
こういう雰囲気は好きである。
2016052820172551c.jpeg

20160528201728923.jpeg

森を抜けると本流遥か上に走る林道をどんどん下っていく。
20160528201752eda.jpeg

キャンプ場に到着し、撤収作業を進めていると、何やらバタバタとうるさい。
どうやら近くでけが人か病人が出たのか、ドクターヘリが舞い降りてき、騒々しいのである。
20160528201753e1a.jpeg

さぁ、撤収完了、帰路に着くのである。
天気は晴れ、遠くに飯豊山、「飯豊はいいでぇ〜」である。
20160528201754149.jpeg

途中、お腹が空いたので、前から目をつけていた会津柳津の「すゞや食堂」に立ち寄る。
20160530121447b34.jpeg

注文したのは、卵をカツの下に敷くちょっと変わったソースカツ丼である。
味も美味いである。
20160528201755850.jpeg

で、今回の釣果であるが、岩魚4匹で今一つではあるが、27〜28cmクラスもあり、丸々と太ってもおり、小生の腕ではこんなものである。
20160529192415117.jpeg


それにしても、キャンプ道具、釣り道具、クーラーボックス、ミミズ用の発泡スチロールのボックス、車なら何の問題はないが、バイクでここまで積んで、往復800km近い距離を走れるバイクは、まず無かろう。
しかも、行った先で林道まで走られるのだから、この機動性まで考えるとGSアドベンチャー以外にはない。

やっぱり黒アドベン買って良かったのである。

本日走行321km
2日間総走行距離 786km

初夏は釣ーリング

2016年05月25日 08:23

この21日~22日は今年3回目の釣り、前回4月に続いて釣ーリングとなった。

まずは前回同様20日の晩帰宅後に食事と入浴を済ませ、夜の高速をひたすら走る。
もう5月なので寒いことはないだろうとたかをくくっていると、途中福島の辺りでは7℃程度となり、おまけに睡魔にまで襲われてきたので、途中SAで仮眠である。
寒くてとても屋外では寝れないので、SAの自販機横の店舗シャッターの前を一時拝借する。(申し訳ないである・・・)
201605242056199fa.jpeg

2~3時間寝ただろうか午前2時過ぎには目が覚め、これまた前回同様のキャンプできる公園に午前3時半くらいに着き、暗がりの中、ランタンを灯してテントを張り、二度寝に入る。


小一時間寝て、それから軽く朝食を取り、釣りの準備をしていよいよ出発である。
今回はダートを走る可能性もあり、転倒すると笑いごとでは済まないので、大きく重いパニアケースはキャンプ場で取り外しての出陣である。

本流横の林道のスペースに黒アドベンを停め、いよいよ入渓となる。
時刻は午前7時を少し周ったくらいであろうか。
20160524205620875.jpeg

しばらく竿は出さず遡ると、通らずのゴルジュと大淵が待ち構えている。
ここは右岸を高巻き、何とかクリアしていく。
2016052420562231b.jpeg


その後、川通しにしばらく釣り上がりと、26〜27cmのよく肥えた食べ頃サイズを2〜3匹釣り、坊主は免れる。
ホッとする瞬間である。
また行くと、大規模な通らずのゴルジュと大淵が再度待ち構えている。
と、よくよく見るとどうやら右岸に巻道があるようなで、恐る恐る右岸を高巻いて行くと、案の定釣師達が踏み固めた踏み跡がわずかに残り、その上を辿っていく。
201605242056418d9.jpeg

巻道の中間くらいか、沢を恐々見下ろすと見事な大滝が目に飛び込む。
多分そうそう簡単に降りられる所ではないため大物が潜んでいるはずである。
201605242056245d6.jpeg
ただ、今の小生は指をくわえて見るしかないのである。
技術的に降りることはできないのである。

その後食べ頃サイズを1匹加え、とてもじゃないが突破できないゴルジュと大淵に出くわし、この谷では一旦納竿となる。
釣りもツーリングも「目的は無事に帰ること」と決めている。
20160524205623877.jpeg

下流の入渓点方向に戻り、攻めていないポイントを何箇所か攻めるが、アタリはなく、時間も午後2時近くとなったので本当の納竿とする。

沢から上がり、クーラーボックス用の保冷剤にと崖の斜面の雪渓をかち割っていただく。
このシーズンはこれができるから、装備の限られるバイクでも釣りに来れるのである。
20160524205643dab.jpeg

ちょっと大きめにかち割り、黒アドベンに括り付け、キャンプ場までバビューンと引き返して行くのである。
20160524205644ad4.jpeg

その後、テントの中で1時間ほど仮眠し、温泉に長めに浸かって、楽しみな晩飯である。
と言っても荷物は最小限のため、豪華な晩飯は作れずホカ弁となる。
20160524205646d65.jpeg

食後は、熱燗をいただきにながらのんびりと夕焼け空を眺め、ゆったりとした時間が流れるのを楽しむ。
それにしても午後7時というのに実に明るいのである。
201605242056473ee.jpeg

本日走行465km

春は釣ーリング2日目

2016年04月26日 11:01

釣ーリングも2日目となった。

今日も晴天予報であるが、朝早いのでなんとなくどんよりしている。
20160425230435f38.jpeg

これまた適当に菓子パン、牛乳、コーヒーの簡単な朝食を済ませ釣りにいざ出陣である。
時間は6:30PMである。

昨日とは全く違い、飯豊の山塊の中を縫う別な大きな川に向かう。
黒アドベンで行ける最上流まで詰め、先行者が居ないことを確認した後、切り立った川岸の中でも何とか川に降りられるところを探し出し、黒アドベンを停める。
20160425230502b39.jpeg

目標は遠くに見える大堰堤までである。
本流を堰き止めており、ある程度魚が溜まっているのではないとの読みであるが、誰でもそう思うので簡単に釣れるわけがないのである。
20160425230436934.jpeg

水量はそこそこあり、向こう岸には渡るのは無理である。
20160425230437d2c.jpeg

しばらくしてアタリである。
が、ニジマスである。まだ中流域であるため、イワナは生息していないかもしれない。
20160425230439741.jpeg

その後ポイントを攻めるが、アタリはなく、目的の大堰堤となる。
ただし、規模が大きすぎ標準の竿長では核心部は攻めづらく、腰下まで冷水に晒されながらの厳しい展開となる。
20160425230500880.jpeg

幸いにも堰堤真正面の流れと、ちょっと無理をして向こう岸に渡った魚道下からそれぞれニジを釣り上げ、この堰堤では納竿となる。
201604252304409f2.jpeg
この時点で10時40分くらいになっており、まだまだ釣りたいところではあるが、帰路の時間を考えるとあまり無理はできないのである。

ということで撤収である。
11時過ぎにテン場に帰り、撤収し12時30分に出発準備OKとなる。
ただ、発泡スチロールがダサイのである。
20160425230503234.jpeg

R49を会津方面に東進し、会津柳津で地元っぽい食堂に出くわしたので、ここで昼食である。
注文したのは会津と言えばソースかつ丼なのでそれである。
味は、腹減っていたので何でも美味い状態なので、評価できないである。
201604252305051f0.jpeg

その後は、下道の方が楽しいので
R49 → R252 → K32 → R400と関東にグングン近づいて行く。
それにしても西川温泉からR401に突き進んでいくK32は県道のくせしてライダー向けの素晴らしい道であった。
途中塩原温泉の新緑の中で小休止である。
20160425230659944.jpeg

その後矢板から高速にのり、17:30過ぎに無事帰宅である。
今回の釣果はこんなもので、「家族の夕飯分あればいいので」とは負け惜しみである。
20160425230506cb5.jpeg

今回総走行距離771km
平均燃費19.65km/L(一部推定)


最新記事