お別れである

2010年08月29日 21:57

残念ながらお別れである。
我が家のVWPのことである。

本日ディーラーに出向いて、VWPのことについて再度打ち合わせ。
ひとまずガソリン漏れの原因はフィルター前後のパイプ及びそのジョイントとのこと。
修理代も工賃込みで1.2万円で、VWにしては良心的である。

でもこの部分を修理しても症状が治まらない場合はフィルター前後の全てのパイプを交換する必要があり、8~9諭吉出費の可能性があるとのことである。

そもそも来年5月の車検を通すつもりもあまりなく(タイミングベルト、プラグ等で総額25諭吉を超えるの出費が見込まれるため)、また、この冬を乗り切るためにもタイヤ、バッテリーの交換が必要でもあり、へたをすると車検終了時までに40諭吉を超える出費が予想される。
それで全てが完治し、そこから4~5年乗り続けられれば良いが、新たな故障の可能性も十分にあり得る。
特に、ゴム、パッキン、ガスケットの部類である。
現に前回車検では予想外のシリンダーヘッドのガスケット交換となった。

う~ん・・・・、う~ん・・・。
やはり買い換えである。

我が家族を北は青森から、南は熊本近くまで連れて行ってくれ、灼熱から酷寒(真冬の八幡平氷点下▲20℃)、林道、雪道の酷使に耐えてきたVWPであるが、現在の状態と経済的なこととを考えれば、買い換えが得策である。
平均的な車の所有期間は7年程度であろうから、10年と4か月はまあまあ乗った方であろう。
10万キロ以上は乗りたかったが、ここ7年間小生がバイク一辺倒だったので仕方ない。
Pim1514_convert_20100829213539.jpg

今後は成長した子供のこと、我がバイクライフとの関係等を考慮し、必要にして十分な車種選びをせねばならない。

で結局決めた(実にあっさりしたものである)のは2007年式のVW ゴルフ GT TSIである。
使い勝手の良さ、間違いのなさ、経済性、いざとなった時の運動能力と走破性、更に値段を総合的に判断しての結果である。

VWPの写真を撮っておきたいが、ガソリンが洩れるためディーラーから動かすこともできず、写真を撮る機会はないかもしれない。
真に残念である。
スポンサーサイト

ついに寿命か??

2010年08月25日 17:34

わがVWP、21日の土曜日、エンジンを掛けたとたんに、ガソリンタンクの下、右後ろタイヤ前方からボタボタと水のようなものが滴り落ちた。コップ1~2杯分くらいである。
そしてにわかにガソリンのにおいである。

滴り落ちる液体を手に取ってみるとガソリンである。ガソリンが噴き出したのである。
こんなことがあっていいのか???
車からガソリンが噴き出すなんて聞いたこともない。

早速ディーラーにもち込み、入念にチェックしてもらうも、ガソリンタンク、ホース、フィルター等どこにも異常はないとのこと。

ところが、昨日VWPを取りに行き、店の人がいざエンジンをかけようとした時、また、ガソリンを吹いたのである。
フューエルポンプからの圧力で、どこかのつなぎ目に圧力がかかり、ガソリン漏れとなっており、圧力のあまりかからないエンジン停止時には漏れてこない。

問題はガソリンだけにだましだまし乗るわけにもいかず、乗るのであれば本格的に修理しなければならない。修理箇所も今のところ不明で、ポンプ、フィルター、ホース、ジョイント等交換修理となれば、修理費用は10諭吉を超えるかもしれないとのこと。

11年目で走行距離も10万キロ弱となっており、ここからの修理については、よくよく考えなければならない。
距離的にはまだ走れそうだが、年数的に、今後はいろいろなところが壊れてきて、修理のアリ地獄に落ちる可能性もあるからだ。現にエンジンのブルブル振動も最近は激しく、完全な状態ではない。
相当にその車に愛着を感じるか、マニアでないと修理する意味が薄れていき、趣味性が経済性を上回ってくる期間に入ってくるのである。
しかも、タイヤ交換とバッテリー交換は今年中にはしなければならない。車検も来年の5月であり、また大枚が飛んでいく。(もしかしたら、買い換えたいという自己弁護??・・・)

う~ん、ここは思案処である。
全国いろいろなところに連れて行ってくれた我が家のVWPであるが、そろそろ寿命か????
愛着はあるが、安全性と経済性には替えられない
DSC_1024_convert_20100829063707.jpg

そんなことを思いながら、ディーラーの認定中古車コーナーを見ると、こんな奴もそんな高価でなく居たりする。
到底新車では買う気にならない価格の車ではあるが、高年式中古車としては魅力的である。
DSC_0155_convert_20100829054527.jpg

さあどうする・・・。


備忘録

2010年07月25日 21:22

わがパサート、パンクである。

本日嫁さんがVWPの左後ろのタイヤを縁石か何かに乗り上げパンク。
アルミホイールの一部を欠けらす形でパンクしており、突起物的な縁石に乗り上げた可能性あり。

とりあえず、後部に何年も積んである、使い古しで、また、ホイールの種類の違うスペアタイヤに交換する。
ゴムの劣化は大丈夫か???
また、あまりの暑さでちゃんと締め付けられたかどうかも少し不安。

オドメーター97850kmくらいだったような。
来年の車検が怖い。

やばい・・・・?

2010年01月03日 17:15

ほとんど乗っていないVWP、調べてみると1年近くもオイル交換していないことが発覚。
たまたま近所のジェームスなるカー用品店の割引券もあったので、本日急遽オイル交換に行く。

オドメーターは95776km、前回(昨年の2月末)オイル交換から3460kmぶりでの交換となった。
DSC_0380_convert_20100103165719.jpg

オイルの種類はごく普通の奴、店では"欧州車用"とされていたMobil super 2000 10w-40部分合成油である。
DSC_0384_convert_20100103165743.jpg

そんなに飛ばすわけでもないのでこれで十分である。

お値段は、オイル、フィルター、交換工賃込みで6200円、これが割引で15%オフとなり5301円也である。
これ安くね・・?? 正規ディーラーでやればこの倍はするし、DIYでやったとしても作業量を考えればとても太刀打ちできない価格です。

これでしばらくは一安心である。


VWP車検終了

2009年05月17日 22:43

本日期限のVWPの車検、無事終了した。93101km走行で。
アイドリングも安定し、ブレーキパッド等も好感したため、別物とまではいかないものの、すこぶる調子は良い。

費用は前回見積もり通り23.5諭吉となった。

次回はタイミングベルト(パサートの場合より丈夫なものなのでメーカー交換指定は15万kmとのこと)とプラグ交換が必要か。
ブレーキローターは前後とも大丈夫で次回車検でも交換不要とのこと。
オートマチックのオイル交換は安易にやるのは好ましくなく、距離よりもシフトチェンジ時のショックの発生等明らかに不調とわかって交換する方が良いとのこと。

これでしばらくはVWPライフを楽しめる。ただし、小生はほとんど乗らないが・・・・。


最新記事