本望である。

2009年09月26日 23:07

以前から気になるバイク。
何年たってもいつも心のどこかで引っかかっているバイク。
そんなバイクが3つある。

カワサキ 1000GTR
Kawasaki-Concours-wallpaper.jpg

カワサキ KLR650
KL650E8F_40127_A_convert_20090927052628.jpg

ヤマハXT600TENERE
20 2008-Tenere History PS 20 med_tcm71-228881_convert_20090926230855

の3台。

ほとんど国内ではめぐり合うことはない。そもそも古かったり、輸出専用だったり、あってもマニアのストックとして大事にされているはずである。

その内の1台に巡り合ってしまった。しかも相当程度は良い。
果たして止めることができるか。人生もうそんなに長くない。今回を逃せば二度とこの機会はないかもしれない。
しかも1年くらい前XT600TENEREについては、絶好のチャンスを逃している。
それから1カ月くらいは悔しさと自分の優柔不断さにしばらくへこんでいた。
今回はそんなことになってはいけない。
むかし先輩が言っていた"チャンスはコピーできない"。仕事では何度その言葉に助けられたことか。

やっぱり決めか?!! たとえ物がはるか南国にあろうとも・・・・。
スポンサーサイト

東北キャンプツーリング

2009年09月26日 22:43

2009年9月21日(2日目)

明けて2日目。
やっぱりキャンプ上の朝は気持ち良い。ひんやりとした、新鮮な空気が当たり一面にあるような気がする。
でも眠たい人はどこでも眠たい。
DSC_0490_convert_20090926222603.jpg

こちらのご仁は相当なプロ。もくもくと朝食の準備をお済ませのようである。カブ90はいつもの定位置にという感じか。
DSC_0495_convert_20090926222633.jpg

我が家も息子を起こし朝食を取る。といっても、菓子パンと牛乳、それにコーヒーで終わりである。
DSC_0497_convert_20090926222711.jpg

その後片づけを済ませる。そんな中でも息子のトリックアート、ちょっと不気味か・・・。
DSC_0506_convert_20090926224521.jpg

出発準備完了である。
DSC_0516_convert_20090926222811.jpg

この日のルートはたいしたことはない。R47を抜け山形県新庄市へ。そこで昼飯を取りをR13を南下、蔵王のキャンプ場を宿所とする。
その前に朝?昼風呂である。
鳴子温泉の先の"中山平温泉"、の"しんとろの湯"。
ここの湯は良かった。透明なのに肌にまとわりつくようなぬめぬめ感がある。なのに上がるとさっぱりしている。
あまり経験したことのない湯味であった。
DSC_0529_convert_20090926222838.jpg

新庄での昼飯は"一茶庵支店"の鳥もつラーメンと思っていたが、なんと定休日。よくあることである。ところが神様はそんな父子を見捨てはしない。そのあたりを彷徨っていると"末広"なるラーメン屋、なんとなく美味しそう。入ってみるとこれが大当たり、チャーシューメン600円は味といい量といい、値段といい120点である。
DSC_0534_convert_20090926222901.jpg

今日のキャンプ場は"蔵王坊平高原キャンプ場"、なんと国立である。
人生初めての国立キャンプ場泊である。
DSC_0538_convert_20090926222928.jpg

テントを設営し、適当に夕食の準備を済ませたら温泉である。
温泉は片道12kmの蔵王温泉までピストンとなる。
今年4月にも入った下湯である。(実はここで安物ではあるが時計を置き忘れてしまう)
DSC_0546_convert_20090926223005.jpg

温泉から帰った後はのんびりと夕食である。
今日の献立はすき焼き、サトウのご飯、卵、後でオジヤである。
DSC_0547_convert_20090926223030.jpg
そんなこんなで今日も終わっていく。
本日走行250km?くらい・・・。

東北キャンプツーリング

2009年09月26日 07:00

いよいよシルバーウィーク入りである。
以前から日程調整をし、20日から3日間息子とのキャンプツーリングとなった。

2009年9月20日(1日目)

行き先は渋滞を避け比較的近場の評価の高いキャンプ場、そこでのんびりすることとしている。
朝早く起床するが、2人分のキャンプ道具は普通には黒アドベンには積めないので時間を食う。
やっとのことで7時過ぎに出発、東北道は既に渋滞で、ほとんどをすり抜けで、大谷PAで一休み。
その後も同様なことを繰り返し、午後1時頃目的地の近くの古川ICで降りる。

キャンプ場に行く前に買い出しである。
酒、ジュース、肉、焼き鳥、野菜、サトウのご飯、パン、牛乳、コーヒー等たっぷり買い込んだ。
その結果黒アドベン史上最大の積載量となった。
DSC_0472_convert_20090923075928.jpg
黒アドベンの許容総重量は470kg、ガソリン満タンで更に200kg弱の人・物が載せられる計算である。
だが、小生が70kg、息子が60kg、パニアがケースとキャリアと内容物で42kg?、トップケースが12kg、クーラーボックスその他が15kg、ほぼ200kgとたぶん制限オーバーである。

キャンプ場は鳴子温泉郷の近く、"吹上高原キャンプ場"。
ふかふか芝生と場内温泉で評価が高い。
ところが行くと既に"イモ洗い状態"、広大な敷地ではあるが車で来ていたら入れないくらいの来場者である。
DSC_0502_convert_20090926075436.jpg

でもそこはバイクの良いところ、奥まったところの林間、車では入れそうにないところ、しかもオンロードバイクでも入りづらそうなところに十分なスペースを確保する。
DSC_0479_convert_20090923080003.jpg
その後いろいろ準備をして、場内の温泉で旅の汗を流す。
さっぱりした後はビールで乾杯。
焼き鳥、焼肉の夕食へと移っていき、夜は更けていく。
DSC_0483_convert_20090923080032.jpg

適度に疲れたので睡魔も襲い、午後9時半くらいであろうか、シュラフにもぐり込む。
本日走行410km??くらい。

集団行動

2009年09月13日 21:45

集団行動に向いていない小生としては超久々のマスツーリング(といっても5台)である。
転職した会社の先輩、先般食事をした際に奇遇にもお互いにバイクに乗っていることが判明。しかも先輩もGS(1200だが)!!。ビックリである。
今度ツーリングに行こうとの約束を交わしていた。

今日は、その先輩のクラブのツーリングにおよばれである。
行ったのは埼玉から雁坂トンネル超えで山梨は"ほったらかし温泉"へ。

途中の高速、ゾロ目である。ちゃんと法定速度である。
サウスポー用のカメラあったら売れると思うが・・・・。
DSC_0432_convert_20090913212712.jpg

今日の参加者のピカ一はこのバイク。新型VMAX、なんと200馬力もあるらしい。
バズーカ砲のようなインテーク、すごい迫力である。かっちょよか~~・・・。
DSC_0440_convert_20090913212744.jpg

以前"VMAXは峠に行けない"と聞いたことがある。
乗用車なみの燃費と小さいタンクのため一般的な峠攻めのコースに行く前にガス欠になるかららしい。

ほんとである。見事にガス欠になった。
DSC_0442_convert_20090913212832.jpg

奥秩父のR140のこんな気持ちの良いループ橋を走っている時に、よりにもよってガス欠である。こんなこともあるもんです。
DSC_0441_convert_20090913212807.jpg

みんなで来た道を取って返し、ガソリンを調達、事なきを得た。
(みんさん本当に御苦労さまでした。)

その後は、山梨側に下り、最近よく耳にする"ほったらかし温泉"へ到着。
以前は廃屋同然の世話する人もない温泉(野湯?)だったらしいですが、今や観光バスまで呼び込むほどの人気日帰り温泉になっている。
DSC_0453_convert_20090913212858.jpg

日ごろの行いがいいのか、絶好の日和と風景が我々を迎えてくれた。
遠くの霊峰富士が小生のたるんだ裸体を見下ろしている。
DSC_0456_convert_20090913213019.jpg

その後は中央道勝沼ICから高速に乗り、見事なまでの渋滞の中、東京方面を目指す。
マスツーリングもたまにはいいものです。
(というかまた誘ってください。よろしくお願いします。)
本日走行404km、オドメーター55911km。

初めて見ました

2009年09月07日 10:22

初めてハイシート仕様の黒いアド見ました。写真ではありますが・・・・。
BMW 正規ディーラーにて中古車として展示。
GS+ADV_convert_20090907211209.jpg

年  式・・・ 2003 年
走行距離・・・ 21100 km
カラー・・・ ブラック
車検・保険・・・ 2011年4月
保障期間・・・ 6ヶ月

価格は税込み130万円也。
ちょっと高い気もしますが、年々個体は少なくなっており、走行距離の少ないものはないのでこんなものか???

黒アドベンも旅仕様

2009年09月06日 21:08

VFR用に仕上げたコンテナボックス、やはり黒アドベンにも試してみることに。
(最近はこの話題ばっかりだが・・・・)
ただし、黒アドベンにはタンデム用のグラブがリアシート後ろにあり、そのままではコンテナボックスは不安定となる。
そこで、2X4材をカットした木を間にかますことにする。その上にパッドをはさみ、その上にコンテナボックスをのせる。
DSC_0428_convert_20090906210915.jpg

多少不細工だが、長尺ものも詰め込めるため使い勝手は良いと思われる。
DSC_0423_convert_20090906205127.jpg

VFR旅仕様

2009年09月05日 15:38

VFRでのキャンプツーリングを可能にするため、コンテナボックスを大容量化することに。
まず、近くのホームセンターでコンテナボックスを買ってくる。
やはり評判、容量から考えてアイリスオーヤマの45L仕様とする。
ただし、実際には43Lちょいしか入らないが・・・・。お値段は1480円也。
ただし、キャリアがないためこれ以上の大きさは難しく、また2段積みも無理と思われる。
更に、バイクに括りつけるバンドを通すためのフックやネジも購入。
これがそこそこのお値段となる。4ヶ所分で2580円也。コンテナボックスより高いとは・・・・。

そして、自宅でコンテナにフックを取り付けるところに適当に穴を開け、フックをコンテナの下部に全体で4ヶ所取り付ける。
DSC_0472_convert_20090905152850.jpg
内側にはゴムで防水加工を施す。
DSC_0470_convert_20090905152828.jpg
そのままでは不格好なので適当にステッカーを貼り、それらしくお化粧する。

DSC_0480_convert_20090905152921.jpg
そしてVFRにバンドで取り付けてみる。全体的なバランスも悪くなく、ぐらつきもないためこれで良しとする。

DSC_0483_convert_20090905152950.jpg

あとで、使い勝手を確かめるために近所のスーパーまで買い物。
このコンテナ、トイレットペーパー(大)、2Lのミネラルウォーター3本、ビール等、両手でやっと持てるほどの量をあっさり飲み込んだ。
これならソロキャンプ用の資材はなんとか入れることができるかもしれない。

VFR車検

2009年09月04日 20:07

今日も会社を半どん、VFRの車検に行ってきた。
製造後24年目を迎えた絶版車である。
距離は25200kmほど。
DSC_0447_convert_20090904194739.jpg

前回黒アドベンのユーザー車検で要領もわかり、申請書も自宅で書いてきたのでそんなに時間はかからないはずである。
どれどれ時間を測ってみよう。
DSC_0449_convert_20090904194804.jpg

ここの車検場は二輪専用のコースもあり、他のレーンは混んでいるのにこのレーンはガラガラである。
DSC_0452_convert_20090904194824.jpg
DSC_0455_convert_20090904194847.jpg

早速待つこともなくレーンに入る。
いつも通り車体の各部の確認とウィンカー等の動作確認である。
ライト、ハイビーム、ウィンカー(前右、左、後ろ右、左)、ブレーキランプ(前、後)、今回はホーンは無し。
続いて前のタイヤを乗せる溝に車体を進ませ、40km/hチェック、ブレーキ動作確認(前、後ろ)が終了。
いよいよ緊張のハイビームチェック。二灯式ではないので、目隠しは不要である。
緊張の瞬間。
DSC_0457_convert_20090904194913.jpg

"OK!!"。よっしゃ~~ってか。という感じで安堵する。

排ガス規制は受けていないので、排ガスチェックは無し。

ということで無事終了。
DSC_0462_convert_20090904194945.jpg

再度建物の受付に行き、新しい車検証とシールをもらう。
終了時刻は、この通り。
DSC_0463_convert_20090904195011.jpg

とわずか10分で終わである。
なんかこれだけのために会社を半どんにしたのがばかばかしくなってくるような短い時間であった。

でもこれで、黒アドベンもVFRもあと2年間安心して乗れると思うと一安心である。
かかった費用は前回黒アドベン同様20125円とこれ以上でも以下でもなく、安上がりでした。


最新記事