げっ!!! 3日目

2010年03月28日 19:51

げっ!! ゲッ!!
雪である。積もっているのである。
黒アドベンにも雪化粧。ナンバーにボカシを入れる必要もない。しっかりした雪化粧である。
DSC_0409_convert_20100328192002.jpg

道路もカチカチ、バリバリ状態である。
DSC_0411_convert_20100328192031.jpg

スタッドレスタイヤを着けた車がたまに通るが、バリバリと不安な音を立ててゆっくりと進んでいる。
これは無理である。明日は仕事、しかも絶対に休めない重要な案件が入っている。
最悪の場合、新幹線で帰らねばならない。

悩んでもしかたないので、風呂にでも入って落ち着くことに。
ところが、風呂に入った頃にはまたまた雪が勢いを増して降り出し、不安は最高潮に。

しばらく時間を潰していると少しずつ気温も上がり、車の往来で凍った道も緩んできたため出発を決意する。
ここから20kmも下れば、おそらく雪はないはずで、自宅までの400kmはなんとか走れるはずである。
DSC_0420_convert_20100328192101.jpg

"ふたたび みたび 川たび温泉"、また来ます、今度はもう少し季節の良い時に。
DSC_0432_convert_20100328192125.jpg

その後は「村田-一関滑り止め必要」というありがたいお言葉のある東北道に乗り、一路東京を目指す。
幸いにもどこもドライ状態で問題はなく、快調に距離を刻む。
安達太良SAで最後の急速を取り、残り250km弱をノンストップで一気に帰る。
午後3時に帰宅。
オドメーター60190km、トータルツーリング距離815km。
途中給油時燃費21.2km/Lであった。
スポンサーサイト

2日目

2010年03月28日 19:33

明けて2日目、当然今日はすることはないので、温泉につかってのんびりである。

寝起きに一風呂。
DSC_0393_convert_20100328191844.jpg

朝食後に一風呂である。
DSC_0398_convert_20100328191912.jpg

午前11時くらいからは待ち切れずにビールを開ける。まさに極楽である。

ところが夕方から雲行きが怪しくなる。
北東北は暴風雪の予報はあったが、ここは南東北、しかもどちらかと言えば太平洋側なので大丈夫のはずであるが、それでも雪が降り出した。
DSC_0404_convert_20100328191938.jpg

最初は大粒の雪でつもりそうにはなかったが、そのうちしんしんと降り出した。
明日は大丈夫か????

そういえば

2010年03月26日 23:13

そういえば、東北道を北上途中でオドメーターが60000kmを記録した。
昨年2009年5月3日に北海道ツーリング中、札幌市の手前で50000kmを刻んだので、約10カ月強で10000kmとややペースは落ち気味。
今年はがんばるぞー・・・。

今年もいよいよスタート

2010年03月22日 20:25

さぁ今年もツーリングシーズンの幕開けである。
ここ何年か、春分の日を含む3連休が、実質的なツーリングシーズンのスタートとなっている。

ということで3連休、北東北まで行きたかったが、どうやら暴風雪予報となっており、峠が越えられないリスクがあり、南東北であきらめることに。

3月20日午前7時過ぎに自宅を出発、オドメーターは59775kmとなっている。
今回の目的地は鳴子温泉郷の川渡温泉。
東北道をひたすら北上する、国見峠を越えたあたりから冷えてくる。
今日の東京の最高気温は20℃と5月並みと聞いていたので、安心しきっていたが、意に反して寒い。
古川ICで降りて、某サイトにあった岩出山町の謎のラーメン屋に行く。
前回もいったが、麺終了で看板となっていた。

外観はラーメン屋というより、単なる民家である。
看板も出ていない。
なのに軒下にずらっと30人くらい並んでいる。
1日300食程度で、麺なくなり次第終了。
看板出さなくても300食は売り切るということなのでなろう。
DSCN1562_convert_20100322201500.jpg

食べたラーメンはこれ、そこそこの油の浮いた、まっすぐ麺の醤油味、鳥のチャーシューである。
でも"うまい!!"、これはクセになりますな。行列作る理由がわかります。
そこそこの量であったが待たされた分お腹も減り、あっという間に完食。
600円也、120点。
DSCN1571_convert_20100322201606.jpg

その後今晩の宿へ。
川渡温泉、高東旅館。自炊湯治の宿である。
もう帰るまで黒アドベンに乗る予定はありませんし、明日は雨(雪?)模様なので玄関の軒下に停めさせてもらいます。
DSC_0385_convert_20100322202327.jpg

部屋は廊下を挟んで、4畳半一間。男一人には片付けなくていいのでちょうど良い。
温泉は10mほど廊下を歩いたところに。
宿の主人も良い人で気持ち良く泊まれそうである。
DSC_0372_convert_20100322201925.jpg

自炊施設は部屋の目の前です。
DSC_0376_convert_20100322201954.jpg

ひとまず温泉に浸かり、その後はビール、ビール、晩飯(ポテサラ、おから、湯豆腐)、お酒、再度温泉と進み、睡魔が襲ってきたため就寝。

オドメーター60190km、本日走行415km。

春満喫

2010年03月14日 20:07

今日も午前中だけ花粉が飛び交う中、黒アドベンを引っ張り出す。
定期点検後の具合を見るために郊外を流す。
定期点検後の調子はすこぶる良好である。
素人なので、点検後の変化はあまり感じられないが、それでも
・アイドリングが安定する
・プラグ交換のせいかシリンダー内の爆発がハッキリわかる
・グリースのためスタンドの上げ下ろしがスムーズ(ちょっと触ると勝手にサイドスタンドが上がる)
くらいは如実に分かる。

そうこうしていると利根川を超える。
よく見ると一面の菜の花である。
DSC_0359_convert_20100314195823.jpg

春である。河川敷を下まで降りて草地を何キロか走る。爽快である。
DSC_0361_convert_20100314195853.jpg

ただし、Uターンするスペースがなく切り返しに苦労する。
それでも立ちゴケしなかったのは立派である。

オドメーター59705km? 本日走行102km。

再び佐野へ

2010年03月13日 22:48

3月13日
出張続きや雨模様の天候でほとんどバイクに乗れていないため、出張明け、二日酔いの身体に鞭打ってGTRを引っ張りだす。

行き先は特にに決めていないが、そういう場合は自然に佐野ラーメンと身体が勝手に動いていく。
今日行ったのは"弓削食堂"。ラーメンもあるがふつうの定食も同じくらいにある。
でいつもの通り"右端"(単なるラーメン)を注文する。
しばらくして出てきたラーメンがこれ。
DSC_0346_convert_20100313193830.jpg

味は"うまい"である。
煮干しかカツオか分からないが、魚風味のサッパリした薄味醤油のスープが、これまた佐野ラーメン特有の青竹打ち麺が良くからむ。
この青竹縮れ麺でなければ、薄いと思ってしまうくらいさっぱりしている。
さっぱりしているので5分強くらいでたいらげることができる。
食べざかりの高校生やガッツリ系の仕事の人には、やや物足りないかもしれない。
お代は580円也。
まあ、標準以上で、独特のサッパリ感もあり90点。

ただし、この店ラーメン以外のメニューがやや高めである。
ラーメン定食(ラーメン、餃子、小ご飯)1000円、カツカレー1000円etcである。
DSC_0352_convert_20100313193854.jpg

福岡出張2日目

2010年03月13日 20:15

仕事のできる小生は、当然泊るホテルも高級である。

今回の泊りは"タカクラホテル福岡"、一応ハイクラスホテルである。
DSCN1541_convert_20100313193550.jpg

ホテルの楽しみのひとつは朝食である。

このホテルもバイキング形式ではあるが、中々の内容であった。
いつものごとく二日酔いにも関わらず、限界まで胃袋に押し込む。

一回目、和食である。小生和食でも牛乳は欠かさない。
明太子とハマグリの味噌汁が、胃袋を癒してくれる。
DSCN1542_convert_20100313193618.jpg

二回目、洋食である。
ふんわりしたスクランブルエッグ、ベーコンの焼き方といい"ちょうど良い"塩梅である。
DSCN1544_convert_20100313193727.jpg
満足の朝食で100点。
ハイクラスホテルにしては、価格もリーズナブルで、また泊ります。


その後仕事も順調に済み、午後5時くらいとなる。
朝食の取り過ぎで、昼食は抜いていたので、飛行機までに小腹を満たす。

中州繁華街にある"ラーメン王"なる店に飛び込む。
DSCN1556_convert_20100313193758.jpg

味はというと、・・・・いわゆるのっぺりした味の博多ラーメンである。
早い時間に行ったせいか、湯温、スープのなじみ等が十分でないような気がする。
80点といったところか。こんなこともある。

ということで今回の出張シーズンも終了である。

福岡出張

2010年03月13日 20:01

3月11日福岡出張。19時30分の飛行機で福岡へ。
最近福岡でよく行くのがこの店。
中州の"酒一番"。居酒屋として雰囲気が良く、女将他女性ばかり5人くらいで切り盛りしてので、なんとなくおふくろの味とやさしさがある。
DSCN1533_convert_20100313193455.jpg

たのんだのは、鉄板で焼く焼き鳥(1本70円)4本、もつ鍋、ビール、焼酎。
疲れていたせいもあり、あっという間にでき上がる。

締めて1910円、安い、うまい、やさしいで120点。

ホテルまでの道のり中州の中を歩き、最後は博多ラーメンでしめる。

大丸近くにある"赤のれん"とかいう店に飛び込む。
遅い時間なのに混んでいる。

ラーメン定食と焼酎お湯割りをいただく。

ラーメンはとんこつに多少醤油味で、ややこげたような風味。
のっぺりした通常の博多ラーメンよりは好きである。
DSCN1538_convert_20100313193523.jpg

飲んだ後には最高、100点。

広島出張

2010年03月13日 19:49

3月9日広島出張。朝8時30分ののぞみで広島へ。
午後2時から3時間弱の要件を終え、午後6時過ぎののぞみまでで夕食というか昼食(雪で新幹線が遅れたため昼飯抜きだった)。
広島と言えば"お好み焼"、駅ビルの中"みっちゃん"で、ビールとともにおいしゅういただきます。
DSCN1531_convert_20100313193423.jpg

ただし、その後は大荒れの天気で関東も積雪、帰宅は午後12時頃となる。

黒アドベン戻る

2010年03月07日 10:47

ドッグ入りしていた黒アドベンが戻ってきた。
点検時オドメーター59657km。昨年3月14日以来約1年、13000kmぶりの整備となった。
DSC_0336_convert_20100307101331.jpg

点検の内容は、12ヶ月点検なので24ヶ月点検よりはやや小ぶり。
大体以下の通り
・12ヶ月点検
・トランスミッションオイル交換
・デフオイル交換
・バッテリー交換
・全プラグ交換
・ブレーキフル―ド交換
・エアクリーナー交換
・オルネ―ターVベルト交換(6万㌔交換)
・エンジンカードの折れたスクリュー抜き取り
・フューエルジョイント(ガソリン漏れ発見につき)交換
他いろいろである。

フューエルジョイント交換(1諭吉)が想定外であったが、エンジンカードの折れたスクリュー抜きが想定よりも安く済み、バッテリー交換工賃も実質無料となっている。全体は8諭吉弱、それでも予算オーバーではあったが。

まあ、大の大人が1年没頭できる趣味としては安い物である。

DSC_0341_convert_20100307101415.jpg

今回店長から得た情報
・小生黒アドベン可愛がり過ぎかに対して。そんなことはない。1.3万㌔/年乗っており少なくとも今のペースで整備すべき。アドベンチャーは2~3万㌔乗り倒す人もいるが、そういうケースはビックリするような整備費となる。今回の整備でもちゃんといろいろ狂っていたとのこと。
・ユーロネットは安くない。送料込みだと国内で正規に買った方が安いケースも。
・オーリンズ持ち込みは正規購入のお客さんの手前勘弁を。
・横向きエンジンはカーボンが溜まりやすい。黒アドベンもモンキーもそう。
・1150アドベンチャー用の低オクタンガソリン対応のチップは交換できず。電子制御装置部分ごっそり交換必要。
・低オクタンガソリンで走り続けると本当にエンジン壊れます。

店の脇にはこんな奴も。オーナー自身でレストアしたR75。30年以上前の個体にしては3万㌔弱、きれいである。
ただし、特に欲しいとは思わず。旅バイクではないからか・・・・。
DSC_0344_convert_20100307101438.jpg

その手前は我がモンキーにあらず。店長所有のもので、たまたま同カラー、同タイプである。

名古屋出張

2010年03月07日 10:42

この時期恒例の出張である。
第一弾として名古屋。
仕事のできる小生は、ちょちょいのちょいと仕事を片付け、夕方4時半には自由の身に。
で一杯いくわけであるが、名古屋と言えばここしかない。
DSCN1509_convert_20100307101514.jpg

小生の全国居酒屋ランキングNo.1の"大甚本店"。
酒、肴、店の雰囲気、値段総合的に見てこの店を抜ける店は未だお目にかからず。

小皿は250円くらい。酒は正二合で690円と良心的。
DSCN1515_convert_20100307101547.jpg


酒の肴のじゅうたんである。この上で寝たいくらいである。
DSCN1525_convert_20100307101616.jpg

友達の居ない小生は当然独り酒であるが、他の客の多くも独り酒、気楽である。
ビール大1本、酒二合、小皿5皿、絞めて2600円也。
安い!! 120点。


最新記事