モンキー受難

2012年06月26日 23:09

昨晩のこと、帰宅してマンションの駐輪場にモンキーを停め、高々2~3時間後に盗難防止のためにマンションの玄関にモンキーを入れようと駐輪場に行った瞬間、はたと身体が止まった。
なんか変である。いつものモンキーと違うのである。
よ~くみるとバックミラーがないのである。

"やられた!!"、盗られたのである。
DSC_0728_convert_20120626225625.jpg

高々2~3時間のうちにバックミラーを盗んだ奴がいる~~・・・!!
許せん~・・・!!

といったところでどうしようもないのである。
2008年にタンク等を盗まれて以来の盗難である。
"くやしい~~・・・!!"
スポンサーサイト

黒アドベンタイヤ交換

2012年06月24日 20:56

黒アドベン定期点検、GTRタイヤ交換に次いで、今日は黒アドベンのタイヤ交換である。

頼んだのは前回同様レーシングマックスである。

前回交換は、2010年8月29日、66816kmであり、ぼぼ2年ぶりである。
現在走行距離は86517km、前回同様20000kmぶりの交換となった。

今回も選んだタイヤはブリジストンのバトルウィングである。
これまでの経験から言うと前回のミシュランアナーキーよりは持ちは良いようである。

今回もBSのBW。
DSC_0709_convert_20120624204224.jpg

交換前の前タイヤはこんな感じ。まだ行ける????
DSC_0706_convert_20120624204127.jpg

同後ろタイヤ、こちらはもう無理でしょう???
DSC_0712_convert_20120624204151.jpg

ちなみに左パニアは、タイヤの逃げを稼ぐため取り外しての対応となった。
もちろん自分で外した、店の人に頼むと特殊な形状のため時間がかかりそうなので。
DSC_0716_convert_20120624204282.jpg


最後にかかった費用であるが、前後タイヤ、交換工賃、廃タイヤ料等全て込み込みでほぼ3諭吉とちょい。
相変わらず、価格面、技術面ともに満足なショップである。

期待はずれ

2012年06月20日 22:11

2007年に黒アドベンを買う時に、もしかしたら次の次のGSに乗り換えることもあるのかなぁ~と思っていましたが、その可能性はなくなりました。

LCかもしれないけれど、デザインが・・・、なんというかすっきりしていないというか、一本筋が通っていないというのか、とにかくデザインむが破綻していますよね~・・・・。
1250GSLC7.jpg

1250GSLC2.jpg

これで後10年は黒アドベンといっしょに走れます。
あ~良かった。

備忘録 息子のモンキーのオイル交換

2012年06月03日 20:56

距離9139km、前回より1400kmぶり。
DSC_0675_convert_20120603203937.jpg

DSC_0682_convert_20120603204002.jpg

DSC_0683_convert_20120603204022.jpg

ところが、フィラーキャップを閉める時、無理して強く閉めたもんだから、ねじ山を破損。
何度やってもうまく閉まらず、不要なねじ山をカッターナイフで切り取り何とか事なきを得る。

やれやれ部品発注をせねばならない。

会津プチ湯治 2日目

2012年06月02日 21:18

この前からの続き。

2日目は喜多方ラーメンで目を覚ます。
いわゆる"朝ラー"である。
DSC_0570_convert_20120602205652.jpg

"朝からラーメンは・・・・"と思っていたら、意外にあっさりしていてペロっといけた。
胃にも負担はない。
DSC_0575_convert_20120602205720.jpg
今日の予定は、二湯二食である。

一湯目に向かっていると5月も中旬だというのにさくらが満開である。
そういえば今年は寒い日が続いていたしなぁ~・・・。
DSC_0583_convert_20120602205788.jpg

一湯目は、"新野地温泉"、硫黄の利いたしっかりした湯である。
有名どころとあって朝から賑わっていた。
DSC_0590_convert_20120602205822.jpg

DSC_0602_convert_20120602205848.jpg

で二湯目は高湯温泉の"玉子湯"である。
こちらも硫黄分強く、活火山近くの温泉である。おかげでこの二湯のためにこの後1週間くらい言おうの匂いが取れなかったのである。
DSC_0609_convert_20120602205914.jpg

でこのたび最後の食事は、"浪江焼そば"である。
ただし、震災で浪江の街から内陸部の二本松に避難しており、そこを訪ねたのである。
DSC_0627_convert_20120602210005.jpg

浪江焼そばの特徴は、太い麺と大ぶりの肉であろうか。お腹一杯になったのである。
DSC_0624_convert_20120602205941.jpg

こうして東北復興支援(そんなえらそうなものではないが)"会津プチ湯治"は終ったのである。


最新記事