松本プチツアー(2日目)

2013年05月18日 21:01

明けて2日目、5月12日である。

松本の朝は涼しくて気持ちが良い。

泊ったビジホは"松本ツーリストホテル"、入らなかったが大浴場とおふくろの味の朝食が自慢である。
じゃらんで4830円とリーズナブルである。
DSC_0450_convert_20130518204015.jpg

松本市内にはいくつも温泉があるということで朝風呂へ。
浅間温泉"仙気の湯"は地元で愛される庶民の湯で、ちょっと熱めだが、小生にはちょうど良く、250円と大好きな値段である。
DSC_0442_convert_20130518203952.jpg

宿を出て、向かうは安曇野市燕岳の麓にある"中房温泉"、BMW X3クラスの4WDでないと快適には行けないところである。
標高もそこそこあって1462mもある。
DSC_0470_convert_20130518204216.jpg

途中は猿も出迎え、野趣あふれる環境である。
DSC_0451_convert_20130518204039.jpg

源泉かけ流しで、2種類の湯が楽しめる。
DSC_0461_convert_20130518204107.jpg

DSC_0462_convert_20130518204133.jpg

温泉を上がると燕岳からの涼風が気持ちいい。
DSC_0466_convert_20130518204156.jpg

中房温泉から下ること30分のところに、今日の昼食のお目当ての蕎麦屋がある。
有明山神社の入り口である。
DSC_0473_convert_20130518204250.jpg

まずは合法的に喉を消毒する。
DSC_0479_convert_20130518204310.jpg

たのんだのは天ぷらもりそば、写真は並みだが、量が半端ではない。
DSC_0480_convert_20130518204334.jpg

店の前でパチリ。
DSC_0484_convert_20130518204356.jpg

その後は快晴の中央アルプスを眺めながら、更埴JCT方面へ。
DSC_0491_convert_20130518204451.jpg

名残惜しいが最後の温泉、"戸倉上山田温泉"。
DSC_0493_convert_20130518204515.jpg

DSC_0495_convert_20130518204536.jpg

ここは泉質もいいが、何といっても色が良い。
エメラルドグリーンで、なぜこんな色になるのか不思議で仕方ない。
お湯は少しヌルヌルっとする大好きな感覚である。
DSC_0497_convert_20130518204557.jpg

上山田温泉の名物に、"おしぼりうどん"がある。
地域特産の辛みのある大根の汁だけでいただく独特な釜あげうどんである。
店の名は"古炉奈"とこんな田舎にも関わらずなぜか洋風である。
DSC_0504_convert_20130518204620.jpg

DSC_0509_convert_20130518204646.jpg

その後は全ての目的を達し、帰路に着く。

午後5時過ぎ無事帰宅、トータル700kmの充実の旅であった。

秋にはオヤジ達の旅路最長の下北半島制覇が待っている。
スポンサーサイト

松本プチツアー

2013年05月18日 14:26

本日5月11日
昨年同様GW明けは"オヤジ達の旅路"である。

この"オヤジ達の旅路"も早いもので既に9年目を迎えている。
当初は年1回、1泊の温泉・酒・B級グルメの旅であったが、最近では2泊、居酒屋探訪と裾野が広がっている。

今回のテーマは"近場で意外と行っていない所"ということで、信州は松本あたりをあどまちっくすることにした。

ところで今回仲間の1人がこの旅路のためにということで車を買い増した。
ジャーン!! ビーエムである。X3である。
大人4人が十分に乗れて、山中の温泉も、長距離の高速も楽にこなせるという厳しいし条件である。
DSC_0357_convert_20130518142999.jpg


心臓部は今や希少価値の"シルキー6"、直6の2500ccである。
後から運転して分かるが、運転が楽しくなるダイナミックなエンジンである。
DSC_0346_convert_20130518142018.jpg

ところで最初に訪れたのは信州ではなく富士吉田、富士山の伏流水の里、うどんが有名であるが、我々はまだ行っていなかったのである。
行ったのははここ"栄屋"、朝8時代から開いている店ということでいってみた。
DSC_0356_convert_20130518142239.jpg

メニューはこれ、東京の駅そばの価格である。
DSC_0351_convert_20130518142052.jpg

いただいたのはこっち、肉うどん玉子乗せである。
おつゆをいただくというよりは、しっかり腰のあるうどんの風味を味わうという経験のないうどんかもしれない。
DSC_0354_convert_20130518152407.jpg

この旅、通常食べたら温泉で、これを繰り返すのが習わしである。

富士五湖を抜け、下部温泉へと辿り着く。湯は"古湯坊源泉館"、信玄の隠し湯の一つとされる。
源泉は30度くらいと低く、ずっと入っていると冷えてくる。となりの沸かし湯と交互に入るのである。
DSC_0361_convert_20130518144511.jpg

温泉前で。
DSC_0365_convert_20130518144535.jpg

その後は、R52を甲府方面に北上し、B級グランプリを制した鳥モツ煮をいただくことにする。
DSC_0381_convert_20130518144621.jpg

いただいたのはこれ。
鳥モツ煮と蕎麦のセットの定食。
DSC_0377_convert_20130518144600.jpg
モツ煮の味が強いので、まずは蕎麦を平らげて、それからモツ煮とご飯を頂く。
それぞれに美味しい。が、モツ煮は甘ったるく飽きの来る味である。

その後は大雨の中を諏訪湖方面に舵を切り、湖畔の上諏訪温泉"片倉館"に行く。
由緒と歴史ある建物と温泉である。
DSC_0404_convert_20130518144853.jpg

もともとは昔~しの製糸工場?ということで、いろいろなところに明治の重厚さが漂っている。
DSC_0384_convert_20130518144644.jpg

DSC_0401_convert_20130518144830.jpg

温泉もすごい、ローマ風呂というか非常に開放的で、スケールがでかいのである。
DSC_0389_convert_20130518144738.jpg

休憩室も半端ではない。
休憩室に使うには罰が当たるくらい立派である。
DSC_0395_convert_20130518144802.jpg

その後は本日の宿泊地でメインイベントの松本市へ向かい、ホテルに荷を解いて街に繰り出す。
今回の目的のひとつ、"馬"料理である。

行ったのはここ、"新みよし"。

DSC_0426_convert_20130518203559.jpg

まずは馬刺し5点盛り。
赤身、肝、ハツ、たてがみ・・・・とか。
DSC_0413_convert_20130518144933.jpg

信州サーモンで口直し。
DSC_0415_convert_20130518144959.jpg

馬のモツ煮。
DSC_0416_convert_20130518145025.jpg

串焼き。
DSC_0418_convert_20130518145046.jpg

美味しかった赤身を再度2皿もいただく。
臭みもなく、昔よく食べたクジラに近い味である。
いくらでも食べれそうである。
DSC_0423_convert_20130518145122.jpg

馬料理に満喫した後は、締めのラーメンである。今日3食目の麺類である。
DSC_0434_convert_20130518145304.jpg

その前にこっち。"山賊焼き"というらしい。
ひみつのケンミンショーではないが、松本では大ぶりの鳥の唐揚げを山賊焼きというらしい。
なぜかというと山賊は人のものを"とり"+"あげる"からである。
DSC_0430_convert_20130518145235.jpg

締めのラーメン、これも美味かった。
DSC_0433_convert_20130518145211.jpg

本日4000キロカロリー。

GW大山ツーリング

2013年05月15日 22:15

5日目 (5月6日)

明けて最終日、今日も快晴の朝である。

本当は昨日帰宅する予定であったが、GW渋滞を思うと気がめいるが、快晴なのでその分気は楽である。

朝食を取りながら少しずつ片づけていく。
DSC_0276_convert_20130515215915.jpg

片付いたので、ツーショットである。
DSC_0283_convert_20130515215939.jpg

GTRもますます貫禄が付きつつある。
DSC_0292_convert_20130515220006.jpg

ここからは安房トンネルを抜け松本市街を目指す。
安房トンネルは、峠でなくトンネルで、有料である。
安房峠は旧道にあり、依然冬季通行止め、開通しているものと甘く見ていたが、無理であった。

また、このトンネルはETCが使えるのである。
DSC_0295_convert_20130515220033.jpg

トンネル近くで決めポーズ、さぁ長野県側に行くとしよう。
DSC_0297_convert_20130515220058.jpg

安房トンネルを抜け、上高地への方面への分岐を過ぎ梓湖に到着。
遠くに見えるのは乗鞍のあたりか。
DSC_0304_convert_20130515220128.jpg

梓湖でも石原裕次郎である。
DSC_0308_convert_20130515220201.jpg

小生も黒アドベンと決めポーズである。
DSC_0315_convert_20130515220236.jpg

その後はR158を松本まで下り、どうしても"松本城"を見たいと息子がいうので立ち寄ることに。
小生は高校の修学旅行以来で、34年くらいぶり?の松本城である。(当時とあまり変わっていないような)
秀麗、かつ凛々しい姿に思わず見とれる。
DSC_0316_convert_20130515220309.jpg


午前10時前、松本ICからは高速で一気に自宅を目指す。

途中GW渋滞もあり、自宅着は午後2時を少し回っていた。

片道900km強、トータル1880kmのツーリングは終りである。というか終ってしまったというのが正直なところ。

無事故、無違反、ほぼ無雨、充実のツーリングであった。
黒アドベンも、GTRも、息子も、そして小生も久々の大ツーリングで大満足である。

オドメーター
黒アドベン : 96502km
GTR : 34084マイル

総燃費 : 19.76km/L(一部推定含む)

GW大山ツーリング

2013年05月14日 23:00

4日目 (5月5日)

快晴の朝である。ライダーには何よりの恵みである。

泊ったキャンプ場は正式なキャンプ場ではなく、海釣り公園の中の簡易キャンプサイトである。
でもきれいな芝生と水とトイレがあれば、もう言うことはない。
DSC_0197_convert_20130514223930.jpg

ちなみに朝漁協の人が訪ねてきて、清掃協力金としてバイク一台につき200円を徴収していった。
これで200円なら喜んで払うのである。
DSC_0203_convert_20130514224339.jpg

出発前に運搬船をバックに、息子は石原裕次郎気分である。
DSC_0207_convert_20130514224125.jpg

ついでに小生も高倉健気分である。
DSC_0209_convert_20130514224150.jpg

いざ出発である。
R27 → R8と東進し若狭湾沿いの道の駅"河野"で休憩するが、天気といいロケーションといい、なんともぜいたくなものとなってきた。
DSC_0216_convert_20130514224400.jpg

その後R8で福井市内に進み、昼食となるが、目に飛び込んだ"8番ラーメン"に即決めである。
前回の能登ツーリング以来であるのでちょうど1年ぶりである。
DSC_0220_convert_20130514224426.jpg


頼んだのはラーメンと地元のとろろを使ったおにぎり、締めて600円くらい。
とろろの風味が何とも旅情をかき立てるのである。
DSC_0217_convert_20130514224448.jpg


福井からはR158に乗り継ぎ、更に東進し中央アルプス方面に食い込んでいく。
途中越前大野の町では、芝桜が満開で、思わず身惚れて写真に収める。
DSC_0228_convert_20130514224518.jpg

なんというか天国とか桃源郷とかの文字が思い浮かんでくる。
実に見事な風景である。
DSC_0233_convert_20130514224543.jpg


その後はR158で九頭竜ダムまで突き上げ、小休止となる。
DSC_0243_convert_20130514224614.jpg

九頭竜ダムは名前は何度も聞いたことがあるが、来るのは初めてとなる。
なので小生も記念にパチリである。
DSC_0250_convert_20130514224642.jpg

その後はR158をひたすら走り、山岳の気持ち良いライダー向けのコースを縫い高山方面を目指す。
途中小鳥峠は標高ちょうど1000mとキリ番である。
マップルを見ると近所の松ノ木峠は"高速道路最高地点1085m"とある。
どおりで寒いはずである。
DSC_0252_convert_20130514224713.jpg

高山で買い出しを済ませ、R158を松本方面に東進し、本日の宿"平湯温泉キャンプ場"に着く。
もう少し進みたかったが、時間も午後6時近くでテントを張る時間、入浴時間等を考えるとこれ以上は無理である。
DSC_0256_convert_20130514224736.jpg

ここは人気も高いらしく、ライダーは10組以上、他のキャンパーも20~30組は来ていたのではないか。
料金は近所の温泉施設代込み2人で2600円とのこと。
全体的にはリーズナブルである。
秋は紅葉でこれまた最高のロケーションとなろう。
DSC_0259_convert_20130514224804.jpg

温泉でたっぷり汗を流し、しっかり温まって、今宵の宴となる。
今宵はすき焼きとカワハギの刺身(氷見産)、おいしくいただきましたである。
DSC_0265_convert_20130514224827.jpg


本日走行350km?くらい。

GW大山ツーリング

2013年05月12日 22:02

3日目 (5月4日)

いよいよ旅も本調子になってきた。

ところで、ここのキャンプ場は様々な花が咲き乱れ華やかである。
DSC_0143_convert_20130512214203.jpg

出発の準備も整ったので記念撮影である。
DSC_0148_convert_20130512214303.jpg

本日のコースは、大山の麓を一周したあと、再度関西方面に切り返し願わくは北陸方面まで進みたい。
まずは、秀麗な大山をバックに記念撮影である。
DSC_0164_convert_20130512214328.jpg

続いて小生だけで。
多少雲がかかっているが、見事な山容である。
DSC_0167_convert_20130512214348.jpg

更に進んでどこかの駐車場にて、こちらも力強い姿を見せてくれた。
DSC_0169_convert_20130512214415.jpg

ところがこのあたり山の裾野だけ雨が降り出し、更に道まで間違えたりし焦りだす。
時間も11時を回り、余裕がなくなり写真も少なくなる。

実際には大山から日本海沿いに入り、R9をひたすら東進する。

少し進んでJRの余部鉄橋にこれまた出くわす。
昭和世代なら誰でも知っているあの有名な余部鉄橋の下を偶然通るとは、昨日の隼駅に続いて、きっと何か持っているのである。
しかもちょうど汽車の通過時刻とあって、周りは人でごった返し、歓声まで上がっている。
DSC_0177_convert_20130512214439.jpg

ここで昼飯と思っていたが、どこも満席で昼飯にあり付けず力をなくす息子。
DSC_0178_convert_20130512214505.jpg

その後R178で豊岡に到着、吉野家で腹を満たし、しばらくは若狭湾沿いを走り続ける。
とある見晴らしの良い海岸でパチリ。
DSC_0180_convert_20130512214527.jpg

ついでに小生もパチリである。
DSC_0181_convert_20130512214554.jpg

ここで異変、何とGTRがガス欠である。
奇跡的にも坂を下ったガソリンスタンドのちょうど目の前での立ち往生し、命拾いである。
へんぴな国道の登り坂だったら、涙がちょちょ切れていたところである。
DSC_0183_convert_20130512214616.jpg

その後は若狭湾沿いを走れるところまで走るが、とても北陸には辿りつけそうもない。
ここらで腹をくくらなければならない。
で、じっとマップルを見ると、若狭和田浜というところに和田浜キャンプ場なるものがあり、近所に温泉もありそうなので、ここに決定である。
なんとか福井県には入れるようであるし。

買い出しやら入浴やらで時間がかかり夕食にあり付けたのは午後9時を優に回っていた。
DSC_0186_convert_20130512214643.jpg


今宵のテーブルは地元の刺し身(ホタルイカ)とまたもや焼き肉系である。
それにしても七輪の火はありがたい。
さっきまでの焦りみたいなものが一気に吹き飛んでいく。
DSC_0191_convert_20130512214713.jpg

今宵も鍋焼きうどんと熱燗、既に定番化しつつある。
DSC_0194_convert_20130512214740.jpg


本日走行330km?くらい。

GW大山ツーリング

2013年05月12日 20:25

2日目 (5月3日)


午前3時過ぎ頃か、あまりの寒さに目が覚めた。
吐く息が真っ白なので、気温は1~2℃であろうか、朝のラジオのニュースでは近くの米原では1.2℃で冬並みの寒さと言っていた。
息子も同様に起きたので、GW渋滞が始まる前に動き出すことにする。
DSC_0011_convert_20130512193552.jpg

まずは寝起きのコーヒーである。
PAでの朝コーヒーは、周囲の人の冷やかな視線もあり格別である。
DSC_0014_convert_20130512193612.jpg

お世話になったPAはこんなところであった。
明るくなって見えてくるものは多い。
DSC_0020_convert_20130512193632_20130512195723.jpg

さぁ出発である。
息子もGTRも準備万端である。
DSC_0025_convert_20130512193652.jpg

黒丸PAから大坂方面に高速を進むが、すぐに京都 → 吹田JCTで事故渋滞40km、2時間となり、手前の京都東で降りる。

京都市内をR1、R9、R372、R173と中国山地の内部、福知山方面へと突き進み、途中道の駅"瑞穂の里さらびき"で休憩する。
DSC_0027_convert_20130512193714.jpg

その後福知山を抜け、R9の日本昔話に出てくるような田園地帯をくぐり、兵庫県和田山あたりを進み、標高730mの若杉峠で休憩する。この時点で12時半くらいである。
DSC_0033_convert_20130512193740.jpg

若杉峠は、深い山の中で、予想もしない狭い道路が繰り返す。
DSC_0034_convert_20130512193804.jpg

その近くのR29戸倉トンネルは、いよいよ鳥取県で標高790mである。
DSC_0035_convert_20130512193825.jpg

更に進みR29八東あたりは、なんとも新緑が美しい。
DSC_0045_convert_20130512193845.jpg

大山まではまだまだであるが、その時、視界の中に一瞬"隼駅"の文字が飛び込んでくる。
引き返してよくよく見ると、あの有名なハヤブサ乗りの聖地"隼駅"に出くわす。
なんたる偶然か・・・。
DSC_0051_convert_20130512193909.jpg

駅の内部はこんなものが所狭しと飾ってある。
とても現役の鉄道駅(若桜鉄道)とは思えない気の入れようである。
DSC_0057_convert_20130512193931.jpg

当然当日も県外ナンバー(この方は愛知ナンバー)のハヤブサが何台か詰めかけていた。
DSC_0066_convert_20130512193958.jpg

R29から離れ、R482に乗り継ぎ一気に鳥取県の西部へと更に大山方面を目指していく。
R482の難所のひとつ辰巳峠で記念写真。標高790m。
この時午後3時くらいである。
DSC_0069_convert_20130512194022.jpg

辰巳峠の近くには、小生世代には有名な"人形峠"の人形トンネル(標高720m?)、社会の教科書でお馴染みであり、その知名度は"ドップラー効果"と肩を並べる。
DSC_0072_convert_20130512194044.jpg

そろそろ今宵の事を考えよう。
キャンプ場は、大山のふもとのどこか、であれば食糧調達はその近くで大きな街の倉吉市街、時間を考えるとキャンプ場に行く前に買物となるので、午後4時前の現時点で風呂に入っておきたい。大山の近くには温泉はなさそうでもあり。
そこで、ツーリングマップルをよくよく見ると、"三朝温泉"の文字、中国地方でも有名な温泉地である。
更に見いると、無料の河原風呂とあり、ここを外す理由はまったくない。

で三朝温泉に到着、河原風呂にご入浴。
男は背中で語るらしい。
DSC_0085_convert_20130512194113.jpg

泉質、湯温、湯量とも申し分ない。
DSC_0088_convert_20130512194135.jpg

河原である証拠に周囲はこんな感じで、開放的である。
なので混浴ではあるが、基本女性は入れないだろう。
DSC_0092_convert_20130512194204.jpg

旅の汚れも疲れも落とせて、気分は最高である。
DSC_0097_convert_20130512194227.jpg

その後は倉吉の市内のスーパーで買い物(焼き肉系)をして大山を目指す。
キャンプ場は3つくらい候補があったが、雰囲気が良いとマップルにあった"一向平キャンプ場"へ。
サイト1つで1200円と比較的良心的である。

早速にテント等を設営するが、昨年の"ほぼ日本1周ツーリング"で鍛えられた息子はサクサクと設営作業をこなしていき、小生は楽チンである。
苦労は人を育てるものである。
DSC_0101_convert_20130512194250.jpg

周囲はこんな感じで、20~30組のキャンパーが居たのではないか。
DSC_0104_convert_20130512194316.jpg

寒さ対策と料理対策のために七輪を持参したが、この時期のキャンプ道具としては最強の道具ではなかろうか。
暖めて良し、料理するでも良し、何しろ火でくつろげるので良しである。
DSC_0108_convert_20130512194342.jpg

ちなみに今回は普段は使わないタ―プも張ってみた、これで夜露を防げるのである。
DSC_0116_convert_20130512194405.jpg

焼き肉、白ご飯、鍋焼きうどん、日本酒と進み、実質第1日目は過ぎていくのである。
DSC_0136_convert_20130512194431.jpg

本日走行500kmくらい。

GW大山ツーリング

2013年05月12日 20:12

1日目 (5月2日)

いよいよ待ちに待ったGWツーリングである。
今年こそ北東北、下北半島、津軽半島、半島全制覇と決めていたが、またしても天気予報は3日連続の雨マーク、しかも低温注意報まで出る始末である。
あっさり行き先変更となり、中国地方のツーリングマップルを見ていると大山あたりがお勧めツーリングコースが満載で、前日に大山ツーリングへと行き先を変更する。
相棒は、息子、小生は黒アドベン、息子はGTRで、いよいよ出発である。

会社を午後だけ休み、5月2日の午後4時前自宅を出る。
本日の目的地は、ひとまずできる限り高速道路を西に進み、関西のどこかのSAかPAでシュラフ寝とぼんやり決めている。

中央道 → 名神と進むが、午後11時過ぎ頃、名神竜王ICあたりで事故渋滞進めなくなり、その手前、滋賀県の黒丸PAでシュラフ寝を決定する。

PAの屋外にあるテーブルで遅めの夕飯をいただき、パジャマに着替え、マット、シュラフと準備万端、午前1時前、本格的な睡眠に入る。
DSC_0008_convert_20130512193508.jpg

気温は5℃程度と、PAのバイク駐車場は当然我々だけである。
DSC_0009_convert_20130512193531.jpg

本日走行450kmくらい。


最新記事