掘り出し物探し

2013年11月30日 21:15

いよいよ冬となり本格的なツーリングはなし。
関東近辺の温泉とか、ラーメンとかをめぐるシーズンがここから4カ月以上続くこととなる。

そこで今日は関東近辺のRBの中古バイクの掘り出し物を探すこととする。
(結局7店舗回りました)


で、気になったバイクは以下の通り。

BMW R1100RT
99-4.68-65.8 ,値段がもう少し小慣れてくれば・・・。
DSC_0634_convert_20131130210300.jpg

ホンダ XR 250
98-1.64-※※※ 年式の割には状態は良く、無茶な使い方はされていない感じ。
DSC_0641_convert_20131130210323.jpg

スズキ DR250XC 
00-1.80-29.8 まあ平均的、250ccクラスのツーリングオフロード欲しいならそろそろ押さえておかないと・・・。
DSC_0643_convert_20131130210347.jpg

その後は昼食、行ったのは桐生の"桐生宿"、トマトラーメンが有名とのこと。
DSC_0646_convert_20131130210418.jpg

そこそこ並んでいます。
DSC_0647_convert_20131130210456.jpg

味は、うまいである。
青竹打ちの名の通り不揃いの平麺で、あっさりスープ、でもコクはしっかりあります。
630円也、また来ます。
DSC_0650_convert_20131130210520.jpg

昼食後もRB徘徊。
ホンダ XL125S
90-0.19-19.8 多分輸出用の珍しいタイプ、デッドストック状態で眠っていたらしい。
買っても良いが使い方に悩みそう・・・。
DSC_0652_convert_20131130210547.jpg

それと写真は取れなかったが。
ホンダ STX1300 パンヨーロピアン
04-5.50-79.8 本格ツアラー欲しいところですが・・・。
スポンサーサイト

"もとゆ"復活

2013年11月23日 21:02

東日本大震災で近くの崖が大きく崩れ、ずう~と営業停止となっていた喜連川温泉のもとゆが営業再開とのこと。


天気も秋の快晴でよさそうなので、早速黒アドベンを引っぱりだしR4新バイパスを喜連川温泉を目指す。
しばらくいくとR4は工事中が多そうで・・・・、????じぇじぇじぇじぇ!!!である。
なんとこんなところで新種の工事柵発見である。
今度は????・・・・・何と名付けよう…"ご迷惑君"と一旦仮置きである。
これで都合10種類目である。とんだ新発見である。

DSC_0598_convert_20131123204526.jpg

ここで給油である。
582kmを28.79Lで走り、燃費は20.22km/Lとまあまあである。

ところでこのエネオス、給油するといくらでも洗車させてくれる。
今時ないサービスである。
バシャバシャ思う存分水を使い黒アドベンを丸洗いする。
DSC_0601_convert_20131123204553.jpg

さてお腹も空いたので食べログで調べた喜連川のラーメン屋に行くとする。
食べログに紹介されているだけあってそこそこの列である。
DSC_0610_convert_20131123204726.jpg

看板の"E.Y"?、何かと思ったらE.YAZAWAのことで店内は永ちゃんのCDが鳴り響いていた。
DSC_0603_convert_20131123204618.jpg

店内はこんな感じで、20人は座れれないくらいで小ぶりである。
DSC_0604_convert_20131123204641.jpg

頼んだのは"味玉中華そば"、味は"うまい!!"である。
あっさりしたスープにしっかりした野菜がたっぷり入っておりシャキシャキ歯ごたえがある。
チャーシューも肉厚で塩加減も良い。味玉子は那須のなんちゃら農場の自然玉子で濃厚である。
DSC_0607_convert_20131123204704.jpg
今度近くに来たらまた寄ると思う。

かんじんの"もとゆ"はこの通りもとの姿で営業しており、入浴料も300円と今や関心するくらいの料金である。
DSC_0613_convert_20131123204824.jpg

震災で崩れて大きな崖(幅150m?)はすっかり工事が進んでいるが、まったく以前(雑木林風の崖)とは大きく姿が変わっている。
DSC_0611_convert_20131123204750.jpg


オドメーター103890km、本日走行300km弱。

秋のめぐみ

2013年11月23日 20:58

会社の女の子?(北海道出身で、小生と北海道話で盛り上がる)がこんなものくれました。

サッポロクラシック、国内産ホップ、しかも季節限定、美味いに決まっています。

DSC_0590_convert_20131123204451.jpg


来年もいただけるといいなぁ・・・・。

やっぱ後生掛はいいわぁ~ 3日目

2013年11月10日 21:01

いよいよ最終日。

今日は雨予報であるが、なぜか朝から快晴。

多少慌ただしかったが、それでもたっぷり温泉に浸かれて十分に癒された感じである。

それに早くバイクに乗りたいとうずうずしてくる感じでもある。

DSC_0457_convert_20131110171226.jpg

早速荷づくりを終えて帰途に着くことにする。
DSC_0459_convert_20131110171254.jpg

最後に記念にはパチリ、また来ます"後生掛温泉"。
DSC_0465_convert_20131110171324.jpg

後生掛温泉からは、アスピーテラインを八幡平頂上方面へ。
途中"大深沢展望台"に着く。天気も良く、ほとんど交通量もないので快適である。
DSC_0469_convert_20131110172031.jpg

ならばということで、父子それぞれにライディング中の写真を取ることに。
まずは小生。
DSC_0491_convert_20131110171436.jpg

引き返して来て、アドベンチャーライダー!!って感じで。
DSC_0492_convert_20131110171503.jpg

良い子は真似しないように・・・。
DSC_0494_convert_20131110171532.jpg

続いて息子、GTRって今どきないフォルムなので、なんかカッコイイだよね~~・・・。
DSC_0518_convert_20131110171602.jpg

カッコ付けすぎやろ~~・・・。
DSC_0527_convert_20131110171628.jpg

良い子でないので真似してますがな・・・トホホ・・・・。
DSC_0534_convert_20131110171651.jpg

展望台での最後の記念写真も取ってと・・・・。
DSC_0538_convert_20131110171715.jpg

小生も記念写真、ちょっと固いですけど~・・・。
DSC_0543_convert_20131110171738.jpg

その後は岩手側に下って、松尾鉱山の廃墟が良く見えます。
何万人も住んでいたとは思えない風景、栄枯盛衰やなぁ~人生は・・・。
DSC_0547_convert_20131110171804.jpg

更に峠を下って、なんとなく晩秋を象徴するような良い場所があったので記念写真。
DSC_0551_convert_20131110171831.jpg

こっちも、相変わらずちょっと固いですが・・・。
DSC_0558_convert_20131110171900.jpg

その後は、盛岡近辺まで下り食事をと思ったが良い店に出会えず、午後12時17分東北道盛岡南ICで東北道に乗る。


ところが、紅葉シーズンの3連休ということもあって、途中宇都宮あたりでは"断続渋滞80km"!!
うそでしょう?!と嘆きつつ、小さい渋滞をヒラリヒラリとかわしながら、途中仮眠を含め午後8時無事帰宅。

実はこの間、何と息子のGTRは盛岡南IC近くのガソリンスタンドで満タンにした後、自宅近くのICで降りるまで500km以上をリザーブに入れることなく(ガソリン22Lを使うことなく)走り切ったのである。(この期間の推定燃費23.6km/L程度を記録)。


そうこうして今回の後生掛ツーリングも終った。
ちょっとくすんではいたが燃えるような紅葉、十文字ラーメン、何より後生掛温泉でののんびりした温泉生活、しかも、当初大雨予報にも関わらず全く雨に降られることもなく、思った以上に充実したツーリングであった。


総走行距離
黒アドベン1244km、全区間燃費19.84km/L

GTR 1217km、全区間燃費21.70km/L









黒アドベンオイル交換

2013年11月10日 14:49

本日、黒アドベンのオイル交換を行う。

前回オイル交換は、今年の8月末なので、2ヵ月とちょっとぶりである。

オドメーターは103634km、前回が99045kmだったので、前回から4589kmである。

DSC_0568_convert_20131110142436.jpg

北海道、後生掛温泉ツーリングと9月以降走り回ったので真黒である。
DSC_0570_convert_20131110142502.jpg

いつもながら機械製品であるが、生き物の香りを放っている。
DSC_0573_convert_20131110142526.jpg

超大型パニアケースのせいで、オリジナルとは違うヒップラインになってしまった。
DSC_0574_convert_20131110142749.jpg

いつも通りドレンプラグは、トルクレンチでしっかり32Nmで締め付ける。
DSC_0581_convert_20131110142634.jpg

作業開始後1時間半で無事終了。
DSC_0585_convert_20131110142656.jpg

今回はシェブロンが手に入らず、シェブロンより空冷エンジン向きというバルポリンに変更した。
オイルの種類を変えた印象は・・・・、「よくわからん」というのが正直な印象である。

やっぱ後生掛はいいわぁ~ 2日目

2013年11月10日 13:42

明けて2日目。

オンドルが熱く中々十分に寝れなかったので早々に起き出し、宿近辺をうろちょろ。
バイクが変なことになってないか、まずはチェックしてと・・・。
DSC_0405_convert_20131110132735.jpg

天気は曇り、気温は7℃とこの辺にしては暖かい朝。
DSC_0413_convert_20131110132807.jpg

7時過ぎ、まずは朝食、といっても菓子パンに十和田高原の牛乳。
それに地元のトマト、極めて質素である。
DSC_0415_convert_20131110132837.jpg

朝食後は、温泉に入ったり、また寝たり、こんな風にうろちょろしたりを繰り返す。
同じ大部屋のご近所さん。
DSC_0416_convert_20131110132901.jpg

大部屋の外は長い通路。
DSC_0417_convert_20131110132923.jpg

息子は熱いオンドルの部屋には寄りつかず、テレビのある談話室(ここも地熱で多少暖かい)でゴロゴロしたり、温泉に入ったりである。
そうそう建物の中はどんなところでも、30度近くあるので、基本Tシャツと短パンで過ごせる、これが後生掛温泉の魅力である。
DSC_0420_convert_20131110132957.jpg

雨が降り出したが、もともと今日は走るつもりはないので、気にもかからない。
DSC_0422_convert_20131110133023.jpg

黒アドベンも一応チェックしてと。
DSC_0423_convert_20131110133045.jpg

大部屋の外観はこんな感じ。
湯治ではない普通の旅館もあり、一度に500人?、いや700~800人くらいは泊れるのではないか。
DSC_0428_convert_20131110133110.jpg
ちなみに温泉で有名だが、写真は撮影禁止なのでないのである。


そうこうしているとバイク音、神戸ナンバーのK1200?、1300?、はるばる来た割には荷物がめちゃ少ない。
DSC_0429_convert_20131110133134.jpg


だらだらしていると昼飯時、ツーリングで来ると荷物が限られるので昼食も質素である。
DSC_0438_convert_20131110133157.jpg

昼からも温泉に入ったり、散策したりを繰り返し、本当にの~んびりする。
DSC_0443_convert_20131110133222.jpg

で、さほどお腹も空いていないが、夕食時。
なぜか角館のスーパーにあったクラシックラガーで乾杯してと。
DSC_0450_convert_20131110133247.jpg

やさい不足なので、グツグツ野菜を煮てと。
DSC_0453_convert_20131110133316.jpg

今夜はすき焼きである。ただし、砂糖が調達できず、コーヒー用のシュガーで作ったが、甘さはパンチ不足である。
DSC_0456_convert_20131110133342.jpg

やっぱ後生掛はいいわぁ~

2013年11月09日 21:34

11月2日から4日まで3連休、おそらく今年最後となるロングツーリングに行ってきた。

行き先は最近ご無沙汰の後生掛温泉、小生行きつけの湯治場である。場所は秋田の上の方。

相棒は息子、まともや黒アドベンとGTRの父子アベックロングツーリングである。

紅葉のシーズンの3連休、渋滞を考慮して午前2時半起床、4時出発で高速に飛び乗る。

ところが晩秋の朝とあって強烈に寒く、午前6時、途中那須高原SAにて5℃くらいでレインコートを羽織らずにはいられない。
DSC_0341_convert_20131109135843.jpg

午前8時ようやく日も出て気温も上がり出してきたので安達太良SAにて朝食である。
ヤマザキのコッペパンとちょっとオジン臭いのである。
DSC_0343_convert_20131109210657.jpg

しばらく行って、仙台宮城のジャンクションあたりでは大規模な工事で工事用の大きなコーンポストにパニアケースをぶつける。
が、ほとんど無傷である。(後でちゃんと調べると多少へこんでいる感じ)
DSC_0344_convert_20131109210730.jpg

古川ICで降りて、R47を秋田方面に超えていくが、じぇじぇ!!

新種発見である。動物マークの工事柵、ちょっと日本製らしからぬパンダ。
8種類目である。北海道以外でこんなものに出くわすとは予想外の展開である。
DSC_0346_convert_20131109210755.jpg

R47からはR108に乗り換え、秋田⇔仙台を結ぶ羽後街道、秋仙サンラインを一気に超えていく。
途中県境のトンネル近辺、盛は過ぎたが山はまだまだ燃えていたのである。
DSC_0349_convert_20131109210829.jpg

黒アドベンとGTR。2台で紅葉バックは初めてかも。
DSC_0351_convert_20131109210858.jpg

息子も本格的な紅葉ツーリングは初めてのようで・・・。
DSC_0356_convert_20131109210923.jpg

小生は久々の快走に満足である。
DSC_0357_convert_20131109210948.jpg

秋田県湯沢側に辿り着くが、既に8時間近く走っており睡魔に襲われる。
で、道の駅"おがち"で仮眠である。
DSC_0366_convert_20131109211017.jpg

湯沢、十文字、横手の当たりは、ラーメン、焼きそばでの有名な地域、今回は"十文字ラーメン"の三角に行くことに。
DSC_0372_convert_20131109211047.jpg

煮干し系のさっぱり出しと麩の入った独特のラーメンである。
十文字ラーメンはいつ来ても期待を裏切らないさっぱりラーメンで、病みつきになる美味しさである。
ちなみにメニューは、中華そばとその大盛りのみ、味に自信満々の品書きである。
DSC_0375_convert_20131109211116.jpg

その後は角館のスーパーで自炊用の食料を買い付け、更に北上していく。
途中R341の宝仙湖にかかる橋では燃えるような山の風景に出くわすのである。
DSC_0383_convert_20131109211146.jpg

夕暮れは迫っているが、ライダーにとっては心地いい場所である。
DSC_0385_convert_20131109211213.jpg

DSC_0387_convert_20131109211241.jpg

夕暮れに染まる黒アドベンも何とも絵になったりして。
DSC_0392_convert_20131109211309.jpg

その後は玉川温泉を超えて峠道となるが、ここで、じぇじぇじぇ!!!である。
なんとまたもや新種の工事柵発見である。
今度はクマである。
9種類目、東北の地で2つも発見するとは思いもしなかった。
DSC_0395_convert_20131109211336.jpg

この当たりはまだ紅葉も残っており、通り過ぎるにはもったいない所である。
DSC_0397_convert_20131109211404.jpg

午後4時、目的地の後生掛温泉に到着。
いつも通り倉庫の横にバイクを置き、全ての荷物を降ろして、オンドル(地熱で床が暖かい)部屋に運び込む。
父子共々勝手知ったる作法である。
DSC_0400_convert_20131109211435.jpg

何しろ息子は小学校低学年の頃からお世話になっており、真冬の演習中の自衛隊特殊車両にも単独で対峙している。
Pim0598.jpg

ささっと着替えを終え、ここ自慢の硫黄泉の湯にたっぷり浸かって、なにはともかくビールである。
DSC_0401_convert_20131109211533.jpg

さぁここから2日間、ひとまずバイクは置いておいて、たっぷり温泉に浸かって日頃の疲れを癒すのである。

本日走行640km


最新記事