2015年走行距離総決算

2015年12月31日 20:01

なんだかんだで、2015年も終りつつあり、一旦締めとしての我が家の車、バイクの走行距離総決算である。

本日12月31日の各車のオドメーターと年間走行距離は以下の通り。
黒アドベン・・・120251km(5853km)、ちなみに昨年は10140km。平均11000km/年走っていたので平均の半分と大幅ダウンである。ガレージのある家のための打合せや引越し等のためバイクに乗る時間が大幅に取られたのが原因。来年は3月から超長距離行きます。
1000GTR・・・・42612マイル(2439km)、ちなみに昨年は6062km。こちらも昨年の半分以下、社会人1年目ですからバイクに乗る暇、というかタイミングを掴めていない感じ。
モンキー・・・・40070km(1634km)、ちなみに昨年は2435km。引越しにより駅までの距離が3分の1となり普段使いの距離が大幅に落ちる。多分来年は1000km/年までも走らない可能性あり。
GOLF・・・・・・50819km(5422km)、ちなみに昨年は7942km。今年は山口までの帰省もなく、引越しにより相方の乗り回す距離が大幅ダウン。しかも愚息の愛車、LCと車が2台も増えたためGOLFの出番も大幅ダウン。多分来年は3000km/年程度で
はないか。
息子のモンキー・・20457km(1537km)、ちなみに昨年は3501km。社会人となり通学に使わなくなり、現状普段乗られることはほとんどない。
そして新しくLC・・・2009km(2009km)

という感じで、引っ越したこと、しかも駅近くに引っ越したこと、更に愚息の就職、LCの購入と今年は大きく生活環境が変わったため車、バイクの走行距離は大きく変化した。
来年もこの傾向は続き、変わった生活環境下での落ち着きどころを探る展開となるものと予想。
スポンサーサイト

黒アドベンオイル交換

2015年12月29日 19:24

本日、ていうかなぜか早目に目が覚め午前5時から、黒アドベンのオイル交換を実施。

オドメーターは120221km、前回が8月末のことなので4ヵ月ぶり距離でから4262kmぶりである。
20151229100158664.jpeg

で今回は、これを一度やってみたかったという、冬場のガレージ内での作業。
20151229100157d6b.jpeg

さほど寒くなく、風もないので、作業がはかどる、何しろ風でオイルが飛び散らないのがいいのである。
20151229100158b8a.jpeg

ところで今回のオイル、冷蔵庫の残り物整理ではないが、余り物と買い足したもの、いろいろ取り交ぜ、といってもバルポリンの鉱物油とカストロールの化学合成油の2種類の混合である。
メーカーのHPに鉱物油と化学合成油、混合しても特に問題ないとのことなので思い切って混ぜちゃったのである。
2015122910012333e.jpeg

LC運転伝授

2015年12月29日 11:41

28日、本日は9月の北海道ツーリング以来の久々の有休。
マニュアルのLCに乗れないという愚息を乗れるようにするためにコーチング。
向かったのは距離的にちょうどいい喜連川温泉。

自宅を出て約2時間半、まず着いたのは一度行ってみたいと思っていた宇都宮市のラーメン屋"みうら"。
喜連川温泉の入り口をちょっと素通りしてR293に折れ、新幹線高架の真下。
20151229100118066.jpeg

注文したのはいつもながらの素のラーメン、白河ラーメンを詠い、全ての素材が出しゃばることのない何とも食べやすいラーメンである。
20151229100116090.jpeg

続いて喜連川温泉に引き返し、いつものもと湯に浸るが、写真は撮り忘れた。
その後温泉横の川沿いのオフロードをここぞとばかりにLCのシフトをH4に切り替えて散策である。
ところでこの芝生地、いつかキャンプしたいのですが、できますか??
2015122910012380c.jpeg

暖冬とはいえ、寒風が吹きぬけ、それでもって真っ青な冬空を見せてくれている。
2015122910012353b.jpeg

本日走行220kmくらい
オドメーターなんとまだ2009km

今年最後のライド

2015年12月27日 17:18

暮れも押し迫り、おそらく今年最後のライドになるのではと思いながら、午前9時黒アドベンと自宅を後にする。

R17→R50と乗り継ぎ、小腹も減って来たので、先般行ったラーメン"笹"を再訪する。
201512271715446f9.jpeg

午前11時半の開店のはずだが、寒風の中待っていると開店13分前にのれんを出してくれた。
寒風の中、なんと有難いことか。
で、注文したのは前回お客の多くが注文していたレバニラ定食。
このボリュームで600円と、小市民にはありがたい。
味もバッチグーで、特にスープが普通の中華と違って、ちょっと醤油とんこつ風味で食欲をそそる。
20151227171543d66.jpeg
ちなみに小生、一番で入店後わずか5~10分くらいの間に10組近い客が入って来た、やはり只者ではない店である。

その後は、利根川を渡りR122→R16経由で帰路に着くが、途中一度見てみたかった利根大堰に出くわす。
20151227171545802.jpeg

場所は埼玉県行田市辺りである。
20151227171546f9f.jpeg

こんな風に利根川から取水し、武蔵水路、埼玉用水路など4つの用水路を経て関東平野を潤していく、さすが坂東太郎は規模が大きい。
20151227171548805.jpeg

以後順調に自宅を目指し、午後2時帰宅。

本日走行190km
オドメーター120220km

祝12万キロ

2015年12月23日 14:43

本日、黒アドベン号無事12万キロを記録。

2007年2月末、16800kmから乗り出したので8年と10カ月で10万キロ強を乗ったことになる。

201512231439178e3.jpeg

ちなみに
11万キロは、2014年9月7日
10万キロは、2013年9月17日
で、いずれも北海道ツーリング中である。

ということは、今年の北海道ツーリング中に12万キロを刻んでおかないといけないのに、それだけ今年はツーリングに行ってないこと。

よし来年はもっともっと乗りまくるのである。

史上最強の組合せ

2015年12月20日 20:35

相方が福岡の実家に一時帰省してきた。

でお土産は梅ヶ枝餅。
この梅ヶ枝餅、大宰府天満宮の参道で売られる名物土産で、あんこを米の団子皮で包み、更にこんがりと焼いたもの。
焼きたては中のほくほく感と、皮がこんがり焼けたカリカリ感の両方が味わえるもの。
これと牛乳の組合せが絶妙にマッチし、小生の好きな食べ物ベスト10には余裕で入る一品である。
20151220202738b65.jpeg

LC燃費

2015年12月20日 16:11

本日は約1ヶ月半ぶりにLCに給油。
購入後3カ月とちっよとでオドメーターは1700kmとちょっと、ということでじぇんじぇん乗れていません。

でもガソリンが相当に安くなってきたのでここらで給油。

で不安と期待が入り交じるLCの燃費は
534.2kmを64.07Lのガソリンで走って
燃費8.34km/Lとなった。

そのほとんどが例の下道福島往復ツアーなので、燃費は悪くないはずで、まあまあ良い感じである。

これで生涯燃費は8.23km/Lと、多くの購入希望者を失意に追い込んだ例のカタログ燃費6.6km/Lを25%上回る結果となっている。

ところでこのLCの給油は少しコツというかクセがあって、給油ノズルが満タンでカチッと止まってからほとんど余分に給油できないのである。

なので、今回も前々回もカチッと止まって余分に入れておこうと更に少し入れようとしてオーバーフローし溢れ出たのである。
あまりなれないことなのでビックリして引火したらどうしようと慌てふためく始末である。

今後はカチッと止まったらそれで終りにしないといけないのである。
2015122016093292e.jpeg

社内旅行

2015年12月06日 20:08

今の会社に移って2年、今年も社内旅行に行って来た。

今回のり行き先は神戸、現地集合現地解散という今の会社らしいやり方なので、自由気ままで好きである。
何しろいろいろ気を使わないで済むので楽である。

で、集合場所は、神戸異人街の"カフェテラス・ド・パリ"、何やら神戸牛と本格フランス料理を提供してくれる、その筋では名の通った店とのことである。

オードブルからいろいろ手の込んだ料理が運ばれ来、味もサービスも満足のいく店である。
メインは神戸牛のステーキ、自分ではそもそも値が張るので絶対に頼まないが、会社の金なのでますます美味く感じるのである。
20151206192110999.jpg

その後は、各自三々五々の解散となるが、先輩諸氏と予約しておいた居酒屋でいつもの調子で本酒を煽る。
でほろ酔い加減で本日の宿所"ホテルオークラ神戸"へと向かっていく。
2015120619211289b.jpeg

翌日、部屋は先輩と2人部屋であったが、ツーリングを含めて長年の旅経験でその辺は全く気にならない小生である。
部屋もオークラという名もあってリッチであり、これ以上いろいろ文句を言ったらばちが当たるというものである。
2015120619211498e.jpeg

部屋からの眺めも最高である。
ただし、この日は二日酔いで気分が悪くいつもより3時間以上の寝坊である。
20151206192114772.jpeg

その後は二日酔いながら、リッチな朝食も用意されているのでしっかりそれをいただき、帰路に着く。
途中富士市あたりでこの季節にしては雪の少ない富士山を眺めながら、まだ終わらない二日酔いと苦闘は続くのである。
20151206192116d7a.jpeg


最新記事