わけのわからんバイクがやって来た

2016年03月29日 08:25

愚息がどこからかしらないが、わけのわからんバイクを持って来た。

2016032908190454a.jpeg

20160329081905de2.jpeg

距離はこの種にしては走り過ぎか35000kmもいっているは、雨晒しでサビだらけだわで、ちょっとなぁ〜という感じである。

聞けば、知り合いが転勤で、乗れなくなるとのことで部品代くらいの値段で譲ってもらったとのこと。

またゴミの元が増えて憂うつである。
スポンサーサイト

LC燃費 (嬉しいようなちょっと悲しいような)

2016年03月22日 21:07

今回の釣行でのLCの燃費を測ってみた。

で今回の燃費は
715.3kmを
78.64Lで走って
9.10km/Lと大幅に過去最高を記録した。

念願の9km/L超えでうれしいのなんのって感じである。

走行内容は高速4割、流れる3ケタ国道6割といったところで高燃費が出やすい好条件がそろったもとでのものである。

201603212133119ab.jpeg

ただ結果は良かったものの、一方でこれ以上の好条件が揃う機会はそうそうはなく(実はひそかに10km/L以上を狙っていただけにちょっと残念である)、これ以上燃費が改善される可能性も少ないということである。

ちなみに生涯燃費も8.36km/Lと、当然に大幅改善である。

釣りシーズン解禁2日目

2016年03月21日 21:36


釣り2日目、朝から雨である。しかも寒い。
1泊したもののとても釣りには向かない日みたいなので、今日は止めて帰るべきである。

ただここまで来たのだからせめて川まで降りてみるとしよう。
20160321213207438.jpeg

ということで降りられそうな川を探す。
しかしここらの川は深い谷だらけである。
20160321213205139.jpeg

釣り人どころか人っ子ひとりいない川にようやく降りて、いよいよ釣りである。
201603212132077f0.jpeg
しかし、こんなに釣れそうな川なのに、気温は低く昨日以上にコンディションは悪い。


ということで場所替えである。
一山超えて違う流れの川で、ここいらで流れを変えたいものである。
20160321213208d60.jpeg


実はこの大きな段差で大失態をやらかしてしまう。
ちょっとした落ち込みに尺サイズの魚が見え、うまくエサを食わすことができたが、尺2寸くらいの大きさで取り込みに失敗、そのままバラしてしまったのである。
20160321213210716.jpeg
うまくいかない時はこんなものである。

くどくど言っていても仕方がないので今日は納竿である。
かのせ温泉赤湯なる源泉かけ流しの温泉を探し出しとっぷりと浸る。
魚は釣れなかったけれど温泉は本当にいい湯である。
2016032121330614e.jpeg
釣れていればもっといい湯であっただろう。

温泉を出ると阿賀野川の大きなダムが轟音と共にその姿を現してきた。
あまり観光雑誌にも出てこないので新鮮である。
201603212133083c7.jpeg

その後は磐越西線の日出谷の駅で記念撮影である。
201603212133090b9.jpeg

明日もう1日釣りをしようと考えたが、水温は低く活性も上っていないので、ということにして釣りは諦め帰ることとする。止める理由はどうとでもなるのである。

ということで夕食である。
夕食はネットで見つけた会津若松の一風亭のソースかつ丼である。
20160321213310362.jpeg
ど〜んとボリューム満点でソースの甘辛さとカツのジューシーさが感動ものの美味さである。

その後は帰路に着くが、満腹感も手伝って強烈な睡魔に襲われ途中の道の駅たじまで爆睡となり、日付けが変わった午前1時くらいの帰宅となった。

釣りシーズン解禁

2016年03月20日 21:50

いよいよ渓流釣りシーズンの解禁である。

小生のような本当にヘッポコ釣師にもこのシーズン解禁は待ち遠しくてしかたない。
特に今年は再度釣りに本腰を入れると大口を叩いただけになおさらである。

といことで3月の3連休は18日を有休として、渓流釣に行って来たのである。

まずは事前に用意したモンキーをLCに積み込み、17日の午後9時に自宅を出発する。

明けて18日の午前1時半くらいに新潟のとある場所に到着し、そこでLCの中で2~3時間仮眠を取る。

午前4時半頃にLCからモンキーを降ろし、身支度を整えいよいよ釣場へと向かう。
2016032021480880a.jpeg

といってもここの場所は初めてのところなので容量が分からないまま、モンキーの機動力を利用してこれはというところをあちこちし探し回る。
ただ、予想されたこととは言え、まだまだ本格的な渓流釣には早すぎ、林道はほぼ全て雪で通行できずこれはと言うところはない。
201603202147471d5.jpeg

なんとかここならというポイントを見つけて崖を下り釣場を探し出すが、いざ釣りとなると水温は低く、雪代で水量も多いため全く当たりもない始末である。
2016032021474607b.jpeg

今度は場所を変えて違う沢を攻めるが、残雪のため30年近く前に買ったかんじきの出番となる。
2016032021474887a.jpeg

中々良いポイントがないため残雪を踏みしめ好釣場を探すとこんな大きな橋梁の下ということになる。
20160320214749fce.jpeg
ただ、ここでも当たすらないためほぼ今日は納竿とあきらめムード漂うのである。

最後ということでモンキーでスノーアタックを試み、里山の沢を探釣する。
20160320214807cf7.jpeg

ここでチビヤマメが3匹釣れるが、本当にチビなので写真も取る気も起らず、そのままリリースし本日は本当に納竿となったのである。

全くの坊主は免れたが、夕食にするものがないのも寂しいものである。

その後は温泉に浸り、カップ麺にビール、お酒と進んで行き、午後9時くらいにLCの中でシュラフにもぐり込む。
花粉症が酷く鼻水ジュルジュルで熟睡できない夜であった。

王子山田屋恐るべし

2016年03月09日 14:13

今夜は故あって飲んで来いとの相方からの指示。
もっけの幸いと王子山田屋に一人酒。
20160309102501e31.jpeg

適当につまみながらビール、大徳利と進むがこのままでは締めにラーメンとかになり、食べ過ぎとなってしまうので、定食をつまみながら大徳利を空けることにする。
で注文したのが鳥唐揚げ定食。
20160309102500b19.jpeg
手作り味噌汁、小鉢にお新香、野菜もしっかり付いて、酒のあてとしても何不自由ないもの。

これで520円とは恐れ入る。

王子山田屋恐るべしである。


花粉が飛ぶ時は

2016年03月06日 19:40

今日は花粉がかなり飛ぶとのこと。
バイクでいろいろ出たりすると夜寝られないほどのことになるので、こういう時は自宅でごそごそに限る。

ということでツーリングシーズンに向け細かい作業をすることに。

まずは、黒アドベンにパニアケース取り付け。
2016030619392705e.jpeg

次は、GTRのカウルの補修。
まずはアンダーカウル、サイドカウルを順次外していくが、これが結構大変なのである。
順序よく少しずつ外していかないと爪が折れてしまうのである。
20160306193930bf7.jpeg

何とか問題のカウルの割れのところまでたどり着くが、もろいのでこれといった補修方法が見つからず、ひとまず強力テープでべちゃべちゃ張り付けてひとまず終わりである。
20160306193931cff.jpeg


最新記事