2016年北海道ツーリング8日目

2016年10月24日 21:08

8日目、道内最終日の朝が来た。

ここ北村中央公園ふれあい広場は、ツーリストの中でも高評価らしいが、想像したのより相当に小さかった。
北海道と言えば広大なキャンプ場を思い浮かべるが、関東にもありそうな運動場1つ分くらいの大きさである。

ただ、隣接の温泉、その真ん前の聖子マ、市街地に近い安心感など高ポイントの点が多く、また草地の寝心地も良いので本当に熟睡できるところであった。
20161024205937347.jpeg

さぁ出発である。

昨日急きょ変更した予定通り、今日は札幌を飛び越え、一機に倶知安方面まで西進することとする。
天気は今日も快晴のようである。

R337→R5と乗り継ぎ午前10時過ぎに小樽の毛無峠に到着。
小樽の街を見下ろして、そういえば後輩の出身地がこの町で、すでに実家は引き払い、親戚も何も残っていないと言っていたのを思い出した。
20161024205939b8f.jpeg

峠からはR393を倶知安まで駆け下りが、羊蹄山の凛々しい姿が出迎えてくれた。
2016102420593624b.jpeg

20161024205939ee4.jpeg

倶知安市内に到着するとちょうど昼過ぎなので昼食である。
今日くらいは聖子マ100円スパ以外のものをということで、ガソリンスタンドで聞いたラーメン屋に行く。
20161024205941e64.jpeg

で、店でもお勧めはと聞くと味噌ラーメンということなので、それを注文する。
味はというと飛び上がるほどではないが、「まぁ、うまい!」というところであろうか。
20161024210003421.jpeg

店を出てモンキーをよく見るとミラーのメッキの部分がさびているではないか・・・。
こんなことなかったのに、よくよく考えると昨日稚内から南下してくる際、オロロンラインで強風を何時間も浴びたがその時に潮風に晒されたためさびたのであろう。
しかも安物の中華のためにこうなったに違いない。
変に納得しながら見なかったことにした。
201610242100042b3.jpeg

その後は羊蹄山を東から拝みながら、ルートを支笏湖方面に切る。
201610242100050f4.jpeg

午後2時半頃に美笛峠を超える。
20161024210006b84.jpeg

午後3時、走り疲れたので支笏湖の南岸を通るR276脇の森影でしばらく休む。
さぁいよいよここからは本当に帰路に着くことになる。
201610242100080a3.jpg

午後4時過ぎくらいだったか、船中で食事を買おうと思ったが、ちょっと時間があるので例の"寶龍"で早めの夕食とする。
2016102421003380c.jpeg

注文に迷ったが、昼食に味噌ラーメンだったので、ここでは米ものということでチャーハンを頼んだ。
しかし、やはり寶龍では味噌ラーメンを頼むべきという強い思いにされることとなった。
20161024210031e48.jpeg

そんなこんなで午後5時過ぎ頃苫小牧港に到着である。
ここまでくれば一安心である・・・・、違った仙台港から自宅までの350kmが待っているのであったが、それでも道内については一安心である。
2016102421003484b.jpeg
季節外れのせいかバイクは20大もおらず、積み込みなんかもサクサク進んでいった。

本日走行272km
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichimatsu0734.blog32.fc2.com/tb.php/762-ef825362
    この記事へのトラックバック


    最新記事