共同浴場を探して

2016年12月25日 15:28

一昨日23日は天候も良く気温も上がりそうなので、久々に黒アドベンとツーリングを企てる。
ということで関東で最も近い共同浴場を探すべく群馬方面に舵を切る。

ちなみに小生が良く行く"喜連川温泉"は、日帰り温泉ではあるが、共同浴場ではない。
共同浴場は、温泉街等にあり、昔から地域の人に親しまれている温泉施設で、毎日通えるよう料金も高くても400円程度に押さえられているところと認識している。

で我が家から130kmくらい走った先にある"沢渡温泉"に到着である。
201612240704515f8.jpg

温泉街は小さいけれども昔の温泉街の風情を残しており、"懐かしいなぁ~"と思わず口から突いて出来る独特の雰囲気を持っている。
2016122407044932a.jpg

建物には、その名も"共同浴場"としっかり看板が上げられ、これなんだよなぁ~と笑みがこぼれる。
20161224070449999.jpg

湯銭の300円を払って中に入ると、予想していた通りのものが視線に飛び込んでくる。
木枠の脱衣所、大きなガラス、それ越しに見える数人しか入れない湯船などである。
ただ、ここは予想に反して湯船が2つあり豪勢である。
20161224070447b39.jpg
お湯も2つの湯船で異なっており、湯加減も少し熱めで小生向けである。
手前の小さい湯船は無色透明でかなり熱めで、入ることができなかった。

小一時間ほど温泉を楽しんだあとは家路に着く。
途中お腹も空いたので昼食である。
行ったのは中乃条町駅前の"はやしや"食堂である。
20161224070511dba.jpg

地元産のそば粉で打ち立てを出すので有名らしいが、今日はどうしても米が食べたくカツ丼を注文する。
分厚く、それでいて柔らかいカツ、それにちょっと甘めの卵とじである。味噌汁の具のジャガイモがこれまた小生の大好物である。
20161224070510ca3.jpg

ということで、おそらくこの沢渡温泉は都心から最も近い共同浴場で雰囲気も秀逸であった。
近々もう一度来たいと思ったが、おそらく路面凍結で無理であろう。

本日走行266km
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichimatsu0734.blog32.fc2.com/tb.php/777-454849ad
    この記事へのトラックバック


    最新記事