春の釣ーリング2日目

2017年05月01日 21:26

で2日目である。

嫌な事もあったし、イワナは釣れないわで帰ろうとしていていたものの、ここで帰っても癪に障るのでもう1日釣りをすることとする。


よくよく考えると昨日積雪で通行不能の林道は、車では誰もその奥に入っていないということであり、ほとんど入渓されていないはずである。

なので雪の積もった林道を歩いて何キロか進んで釣りをすれば釣れるのではという妙案を思い着く。
俺って天才じゃん!!!

ということで、雪の上をてくてく歩いて上流への遡っていく。時間は午前6時くらい。
でもこれが疲れる。何しろかんじきを用意していないものだから、雪を踏み抜いてしまい前に進まないのである。
20170430iPhone_788_convert_20170501211323.jpg

途中には、こんな大きな岩が転げ落ちており自然の荒々しさを実感したりする。
20170430iPhone_789_convert_20170501211417.jpg

1時間以上、たぶん5kmくらい林道を遡り、これはという入渓点を見つけ、やっとのことで沢へと降りていく。

ところがこれでも釣れない。というか全くアタリさえないのである。
ヘボ釣り師である。
20170430iPhone_774_convert_20170501211243.jpg

こんないかにもというポイントでも・・・・。
この先は沢通しでは進めず、右岸を高巻くこととなる。
20170430iPhone_792_convert_20170501211507.jpg

どうだろう沢から15~20mくらいの高巻き平坦なところを歩いていく。
20170430iPhone_793_convert_20170501211552.jpg

そしてこれまた、居そうなところに再度降下し、竿を出すが引き続き無反応である。
20170430iPhone_791_convert_20170501212036.jpg
こういうことを何回か繰り返したが、これ以上高巻きを繰り返していては体力を消耗するだけでなく、危険も増すのでいい加減なところで終える。
時間は午前10時過ぎくらいではないか。

しょうがない、ここで納竿である。

また来た道を雪を踏み抜きながら帰っていかなければならない。
しょぼんである。
20170430iPhone_796_convert_20170501211654.jpg

その後はベースキャンプに戻り、撤収して帰り支度を整える。
そして午後1時半くらいだったか、帰路に着く。
途中、福島、栃木県境辺りから例の寒気によるに雷雨が激しさを増して来、弱り目に祟り目となったのである。
20170430iPhone_801_convert_20170501211735.jpg

途中昼食を挟み、下道中心の行程となったため、午後7時過ぎくらいとやや遅めの帰宅となった(画像は翌朝)。
20170430iPhone_803_convert_20170501211805.jpg

総走行距離 : 739km
平均燃費 : 20.05km/L(一部推定含む)

<結論>
このT川については、ホームグランドたるY川の代わりとして新たに新地開拓を狙ったも。
しかし、平均的には数も釣れておらず、また距離も大幅に遠いことから、新地としては期待外れてと言う結果となった。
当面このT川は諦めて、Y川に集中することとしよう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichimatsu0734.blog32.fc2.com/tb.php/799-3da5eb5f
    この記事へのトラックバック


    最新記事