庭のコンクリート板敷設

2017年05月31日 12:14

昨年12月から何となくやろうとしていた庭の外構工事。

当初は外構業者と打ち合わせていたが、担当者が辞めて当初の予算と全く違うこと(2倍近く)を言い出し揉め始めたもんだから、結局DIYでやってみようかなということになった。

いろいろ算段すると、どうせ奥まった誰からも見られない所だから、砕石の上に直接コンクリート平板をモルタルなしで敷き詰めたので十分ではないかという結論になった。

しかも、砕石やら平板は自分で買って運んできたのが一番安上がりということになった。

でもその運搬自体がたいへんで、何しろ重量級なのである。

悩んでいても仕方ないので、思い腰をやっと上げてちょっと離れたホムセンに買出しに行く。

でコンクリート平板を30枚お買い上げ。
自分で積み込むものと不安に思っていたが、何と若い体力のありそうな店員さんが「僕がやりますよ、当たり前ですよ~」と。
助かったぁ~、四捨五入で還暦の小生としてはとても積み込めるはずもない。

積んだ後のLCの車内。
聞けば15kg/枚くらいあるとのことなので500kgくらいはありそう。
20170529211100bf2.jpg

何しろあの強靭なLCのリヤが完全に下がって、フロントが浮いてますもん。
どうみても普通の車では絶対に1回では運べない重量である。

さっきの店員さん曰く、「たまにタイヤが破裂することがあるとのこと、この車だったら心配ないですね~」と。
本当にありがとうございましたである。
Inked2017052921105878f_LI.jpg


その後帰宅し、庭の整地等に取り掛かる。
まずは鍬で整地してできるだけ平にして、その上に砕石を敷き詰める。
ところが、近所の砂利屋で買ってきた砕石、砂利屋の言うとおり土嚢袋で6袋買ったが、どうも足りそうにない。
20170531120726f76.jpg

更に、砕石の上に直接コンクリート平板を敷いたのではグラつきそうである。
ということは砕石の上に空練りモルタル、その上にコンクリート平板を敷き詰めることになるので、空練りモルタルの厚さ分下の土部分を削る必要があり、再度砕石を剥がして土を削ることになり、二度手間である。
この辺はやっぱり素人である。

本日出費
・コンクリート平板(30枚)・・・・・24960円
・砕石(土嚢6袋分 : 約168L)・・・1380円
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichimatsu0734.blog32.fc2.com/tb.php/805-0fd4baa4
    この記事へのトラックバック


    最新記事