庭のコンクリート板敷設その2

2017年06月06日 17:08

6月3~4日の土日のこと。

前回記載通り素人普請によりやり直しである。
一旦敷き詰めた砕石を取り除き、その下の土を薄く削る作業である。

削り取った土は
5.5平方メートル x 2cm = 0.11㎥
すなわち110Lくらいである。

2cmというのもこんなものだろうの計算であり、本当はもっと削った方がいいかもしれないが、土の持っていき場がないのでこれくらいにせざるを得ないというのが本音である。
20170606064247cd9222.jpg

それでもって砕石も足りないもんだから前回購入した近所の砂利屋に再度買出しに行く。
前回6袋購入、土嚢1袋が28Lくらいなので、
28L x 6 = 168L
なんとなくあと2袋くらいは必要なのでその分を調達である。

ちなみに砂利屋はこんな風景であり、LCをバックで寄せて荷台に積みこむ。
20170606064247f6f222.jpg
1袋40kgあると思われ、目いっぱい歯を食いしばって持ち上げてやっと持ち上がるくらいの重さである。

その砕石2袋と、敷き詰めた後再度拾い集めた6袋分を、またまた敷き詰めたのがこの風景。
下地の土が少し見えているが、これ以上砕石を敷くと全体が盛り上がり過ぎてしまうので目をつぶるしかないのである。

更に、ドライモルタルを敷き詰めた時に拡散しないよう2 x 4材で木枠をはめておいた。
なんとなく素人にしてはうまくいっているぽいので満足である。
20170606064249262.jpg

今日のところはここまでにしておいてやろう。

後はこの上にドライモルタルを厚さ2~3cmくらい敷き詰めて、その上に厚さ6cmのコンクリート平板をピッチリはめていく予定である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichimatsu0734.blog32.fc2.com/tb.php/806-291db4eb
    この記事へのトラックバック


    最新記事