毛無峠野宿ツーリング2日目

2017年08月12日 20:13

8月6日、野宿ツーリング2日目の朝である。

多少雲もあるが、霧も晴れ遠くに青空が顔を出しているので天気は快方に向かいそうである。
076_convert_20170812200044.jpg

T君も小生もいい歳なので目覚めは早く5時前くらいだったか、まだ薄暗い中朝食スタートである。
082_convert_20170812200107999.jpg

食後は辺りを散策するが、昨晩ははっきり見ることができなかった群馬県側へのダートのゲートがあったりする。
083_convert_20170812200210.jpg
実はその直後、グォーンというエンジン音が鳴り響き、何事かと振り向くと、このゲートとは少し離れた道ではない脇の坂を、峠の駐車スペース目掛けてジムニーが一気に駆け上がって来たのである。

どうやらこの峠で夜を明かした若者が、群馬県側の廃鉱山跡?のダートを走ってまたこの峠の上に戻ってきたようである。
それにしてもジムニー恐るべしである。

食後、撤収後はゆるりと帰途に着く。

毛無峠から長野の須坂市方面に一旦下り、R406を菅平高原を北から回り込むように進み、鳥居峠を越えて再度群馬に入って来る。
その途中突然T君がむか~し入ったことのある温泉を見つけ、いい湯なので入ろうかと言い出し朝風呂とあいなった。
106_convert_20170812200443.jpg

内湯、外湯とも飾らず昔の雰囲気を保った良い温泉である。
088_convert_20170812200238.jpg

097_convert_20170812200302333.jpg

特に外湯はガーデン的というか、極楽浄土的というか花に囲まれてすっかり心が癒されるのである。
098_convert_20170812200338.jpg

下界は快晴で気分も上々である。
104_convert_20170812200411111.jpg

その後はR406 → K33と乗り継ぎ吾妻線の横川駅近辺にある"越後屋"なる食堂に到着である。
実は今ツーリングで狙っていたR18沿いのトラック野郎御用達の食堂である。
121_convert_20170812200758.jpg

まだ時間も早かったせいもあるのか店内は閑散としている。
というか日曜日なのでトラック野郎はお休みということであろう。
113_convert_20170812200532.jpg

ここの名物はモツ煮定食と肉とうふ定食である。
ともに700円とトラック野郎価格である。
116_convert_20170812200615.jpg

小生は肉とうふ定食、
119_convert_20170812200728.jpg


大食漢のT君はなんとモツ煮と肉とうふが一人前ずつ付くセット1200円をご注文である。
117_convert_20170812200652.jpg

味はというと、洗練された感じはないが、"まあとにかく美味い!!"と言える代物で、また近くを通ったら必ず寄る店である。

昼食後は夏休みの渋滞を避けるため早々と高速に乗り帰路に着く。

帰宅は2時半くらいではなかったか。

全走行距離708km
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ichimatsu0734.blog32.fc2.com/tb.php/817-9f4141f8
    この記事へのトラックバック


    最新記事